PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

長谷川等伯

touhaku0310.jpg


いつの世も、北陸はたまに突拍子もない奇才を輩出する。

長谷川等伯。

能登(石川)で生まれ、日蓮の信仰が厚く地元で仏絵師として人気に。
その後30歳で上洛し、狩野派へ入門。
4歳下の狩野永徳とはライバル同士。

永徳の破天荒な天才肌とは真逆で、
繊細で何でも描ける器用さと真面目さが伺える。

個人的には 小振りな仏画より、巨大な屏風絵の方が好き。
見ていて気持ちがいい。
体全体を覆ってしまう、花、草、鳥、木、黄金の豪華さよ。

そして、高さ8メートルにも及ぶ涅槃図には大変驚いた。
これは京都の本法寺に収蔵され、
793.9×532.6cmで、日本最大級に挙げられる。

haran_picture03.jpg

…本当に吃驚した。
8メートルはとんでもないです。どうやって描いたのかわからない。
昔の人のダイナミックさには時に度肝を抜かれる。

絶対に現代人よりも魂熱いし、根性入っている。


これは生で見た方が良いです!お薦め。開催期間が短いので、お早めに。
日本美術は世界一。


公式ホームページ
会場 東京国立博物館平成館(上野公園)
〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
会期 2010年2月23日(火)~3月22日(月・休)
※会期中、作品の一部に展示替えがあります。
開館時間 午前9時30分~午後5時、金曜日は午後8時、土・日・祝・休日は午後6時まで開館(ただし、入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日 
ただし3月22日(月・休)は開館
スポンサーサイト

| 芸術鑑賞 | 20:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おお、今日まで!あやうく見過ごすところでした。行って来ます!

| 江戸林 | 2010/03/22 08:23 | URL | ≫ EDIT

どうもお久しぶりです!
展示期間短かったですよね。
生・等伯いかがでしたか?^^

| Rin | 2010/04/01 00:27 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nadeshicorin.blog70.fc2.com/tb.php/935-11da77a9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT