PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Guimet

DSCN2181.jpg



ギメ美術館


リヨン出身の実業家エミール・ギメのプロジェクトから成る

世界各地から強奪… もとい
収集して設立されたヨーロッパ屈指の東洋美術館。



巴里の美術館は秀逸揃い。

わかっているさ。
でも嫉妬してしまう。

どうして、海の向こうにあるのよ!と。


日本の美術品も充実しておりました。

初見のものが殆ど。
狩野山雪や円山応挙や尾形乾山など、有名どころも勿論。

感動したな~。

やはり、日本の美術が世界一なのでございます!


DSCN2199.jpg


『狩野派』をフランス語で表記すると…


『Ecole Kano』

…そのまんま。




仏教は、紀元前インドでシャカ族の王子・シッダルタが悟りを開いてから、
その考え方が東洋の多くの国に伝来し、浸透しております。

なのでブッダのお顔は、その国ごとに様々。

インド、ミャンマー、タイ、チベット、韓国、中国、日本…

それぞれ比べてみると違うのです。

笑ってしまうくらい
各々、その国の顔なのです。

ここまで多人種のブッダを拝んだのは初めて!

とても面白い。

これは日本では観れないなぁ。


DSCN2141.jpg

↑このお顔、堪らないでしょ。

どこ出身だかは忘れたけれど(笑)
スポンサーサイト

| 仏蘭西 | 08:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nadeshicorin.blog70.fc2.com/tb.php/733-169654b6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT