PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

告別式とみみずひめ

090122_18.jpg


この日が来るのを待ち侘びていた。

鳥居みゆきという優れた表現者の、歴史的作品になる筈の代物と相見える日を。



この2作品に共通していること。

それは
『鳥居みゆきを殺すこと』。


誰か他の者の手で。もしくは、自らの手で。


誰しもが思う。

「何故わたしは生きているのだろう」


その理由は只一つ。
『死ぬ』為である。

死ぬ為に生き、生きる為に死ぬ。

終わりがあるからこそ、頑張って生きることが出来る。


コントの中で

生まれるー!
死ぬー!!

…プラマイゼロだぁ。


という台詞がある。
無に戻るということは、そこから何か新しいものが生まれるということ。

一度生まれ変わる為には、死ぬという術しかない。


幾度となく、ありとあらゆる方法で
自らの命を絶ち、

何度も何度も甦る。
命を燃やすため。


鳥居みゆきは、火の鳥 だと私は思う。
スポンサーサイト

| お気入りのもの | 18:42 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/01/22 20:34 | | ≫ EDIT

私も購入しました。
待ちきれず発売前日に買いに行ってしまった・・・笑

中に入っていた鳥居家シール。
大きいのが2枚入ってますが1枚が半分に割れてる・・・不自由!
ポストカードはもう宛名が鳥居みゆき宛に・・・不自由!

告別式はカメラワークとか凄く良かったですね。
鳥居ワールド前回の告別式でした。
ペッコリーズキッチンにはビックリです・・・

みみずひめはゆっくり時間が流れる独特な世界観でしたね。

今は「陽と陰」にハマってしまいました。笑

| さぼ(るびー) | 2009/01/23 21:18 | URL | ≫ EDIT

>さぼ(るびー)さん

あれ、わざと半分に割れてるんですよね…?

ポストカードも大量に届いたんでしょうねw
勿体無いから私は出しません!

みゆきちゃんって、本当に演技が上手だな
と思いました。ぺッコリー!

| Rin | 2009/02/17 17:42 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nadeshicorin.blog70.fc2.com/tb.php/662-cdebe28c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT