PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鳥葬とは

鳥葬(ちょうそう)

死体の処理方法或いは葬儀の行い方のひとつ。
チベット仏教にて行われるのが有名である。またパールスィーと呼ばれるインドのゾロアスター教徒も鳥葬を行う。
注意:現在のところ、日本国内で鳥葬を行うと、刑法190条の死体損壊罪で処罰される。

宗教上は、魂の抜け出た遺体を“天へと送り届ける”ための方法として行われており、鳥に食べさせるのはその手段に過ぎない。そのため現行の鳥葬という訳語よりは天葬、空葬などと呼ぶほうが、より本来の意義に近いと考えられる。


…と、ウィキペディアを見ると書いてある。


そもそも私が鳥葬の存在を知ったのは
今年の春頃、青山ブックセンターで
とある死体の写真集を立ち読みした時から始まる。

何という本だか忘れましたが、淡々と死体の写真が載っている本でした。
まぁ そこまでショッキングな物ではなかった気がする。

鳥葬師が屍体を捌いている場面。


チベット人の葬り方には、火葬、水葬、鳥葬、土葬があり
皆がみんな鳥に食べてもらえる訳では無い。
病気で亡くなった場合など、鳥に与える訳にはいかない人もいるのでしょう。


鳥葬台といわれる神聖な場所。(もちろん余所者は見ることができない)
肉を裂き、臓物を出し、骨を砕き、その場に放置。
血の匂いに誘われて、鳥群がやってくる。
一晩経てば 其所には背骨しか残らないという。

私はこの葬儀を知った時、脳髄が覚めるような感動を覚えました。

何と理にかなった方法だろうと。

まさに食物連鎖だ。
人間も、食物連鎖の中に入れるのだ。

すごいなー


まだまだ勉強不足なので、これから色んな資料を読みたいと思います=3
とりあえずチベット仏教について勉強しようかな。

何か良い情報があれば是非教えてくださいませぇ~
スポンサーサイト

| 呟き | 01:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

死体写真て釣崎清隆氏の写真集でしょうか?
チベット仏教はタントリズムとか、面白そうですよね。
私もそんなに知りませんが、ダライラマ猊下のファンです。
死んだら虎のエサになりたいです。

| にゃわ | 2008/12/10 15:46 | URL | ≫ EDIT

釣崎清隆氏のかな~?
でもわたし釣崎さんのファンなので、買ってる筈です(笑)
写真集ホスィ~。タコシェあたりに売ってるかな。

ダライラマ猊下のファンて…w
そんな事言う若いおなご、初めてお目にかかりました。
にゃわさん、素敵(*´∀`)
今度、色々教えてください♪

にゃわさんが虎のエサになる図…
なぜか絵になると思ってしまった私なのでした。

| Rin | 2008/12/12 23:35 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nadeshicorin.blog70.fc2.com/tb.php/617-0ed663da

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT