PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ミレイ展

4955123.jpg


19世紀の英国を代表する画家、ジョン・エヴァレット・ミレイ(1829~96年)の10代から晩年までの広い範囲の作品により、 画業の全容を紹介する本格的な回顧展です。
ロンドンのテート・ブリテンで昨年9月から始まった本展は、イギリスでも1898年に開催された回顧展以来、初めての ミレイの大規模回顧展として話題になりました。
今春、アムステルダムのゴッホ美術館で開催された後、いよいよ日本に巡回となりました。
公式HPより)

会期: 2008年8月30日(土)~10月26日(日) ※会期中無休
開催時間: 午前10時~午後7時、金・土曜日は午後9時まで(入館は閉館の30分前まで)
会場: Bunkamuraザ・ミュージアム



残暑厳しい陽射しの中、渋谷の街を疾走。
この世に生まれ落ちて20年余。
やっと ミレイの『オフィーリア』が観れる。
日本に来てくれて有り難う。

超有名ともいえるこの絵画ですが、初めて知った時はもう、
なんて美しい絵なのかと思いました。
この完璧さは何なのかと。
観れば観るほど不思議で、怖くもある美しさ。
それでいて観る者すべてを惹きつける普遍的な魅力。
しかも22歳の若さでこれを描き上げたと思うと…ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル

ミレイを知らなくても、
『オフィーリア』は知っているという人も多くいると思います。
(ぶっちゃけ私もその1人ですた)
西洋美術は大雑把にしか知らないんす^^; でもこの絵は好き。

シェイクスピアの戯曲『ハムレット』に登場する悲劇のヒロイン。
恋人ハムレットに父親を殺されて正気を失い、
小川で溺死する死の劇的な瞬間をミレイなりの解釈で描いた作品。
現物は思っていたより小さめでした。
けれど画面全体に精密に描かれたこの風景は何だ…!
今にも零れ出してきそうな花と緑のきらびやかさ!
木の枝や葉の描写が本当に凄い。ここまで描けたらどんなに人生パラダイスだろう。
水の表現もなんとも。左下の水面に映り込んだ菖蒲(?)の影が堪らんです。
ちなみにモデルの女性は、バスタブに長時間浸けられていたため風邪を引いたらしい。
それ程の犠牲があるからこそ、このクオリティ。

ミレイは、貴族の肖像画等を描く商業画家として成功して、
死ぬまで裕福だったそうです。
画家で金持ちと聞くと、何故か腹が立つのはきっと私だけではない。(笑)

兎に角、絵画は生で観ないといけません。
ここで逃したらロンドン行くとこだった。
平日の昼間はけっこう空いてます。興味のある方は是非!
スポンサーサイト

| 芸術鑑賞 | 17:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

そんなこと言われたら、明日行きたくなってきたぢゃないですか(>_<)・・・(もちろん日帰りで)
ミレイも、オフィーリアも、ハムレットの内容も知りませんが、この絵は見たことがあります。(漫画の表紙ですが)
やはり、とても有名な絵だったのですね。
実物を見たら、もっと迫力がありそうですね。
う~ん、ミレイ展もそうだけど、単独公演や、雷ライブ、GETライブなど、遠すぎる!真剣に東京に引っ越そうかな?(わかる人にしかわからない背徳館!)
ま、ゆーてますけど。

| Aki | 2008/09/03 23:34 | URL | ≫ EDIT

ちょっとショック!!

この絵、瞳孔は生きてるみたいだけど虚ろだし
リアルに死んでるのか?絶望で死ぬ途中なのか?
(実際狂ってからの入水だし)
キレイなのにキレてる女性の絵画ですよね~
これ見るまでジャン・フランソワ・ミレーと混同してました
チョット前に東京都美術館で見たなぁと思ってたら
もう10年前でした!ガ~ン(ジジイ実感です。)
            ・
リニューアル、いきなりインパクトありましたね~
風神は天女みたいにも見えますが宗達は白・緑の肌対比だから
夏服&冬服も見たかったです。
個人的にはレイ&アスカ風でも良かったかも?
(着せ替えの宣伝にもなるしね)
まだ暑さが復活ですがお元気でご活躍下さい。
            ・
あ、漫★画太郎作の福田首相の似顔絵は素晴らしかった
凛さんの絵で月影千草を書いたらどうなるのかな?

| ヒカル | 2008/09/04 23:58 | URL | ≫ EDIT

さかいめ

オフィーリア。
数ある名作の中でも、やっぱりミレイが一番!
生と死の境にある っていう感じが。

うちも行こっと。

| もんち | 2008/09/05 17:08 | URL | ≫ EDIT

>ヒカルさん

>キレイなのにキレてる女性の絵画ですよね~
本当にそうですねぇ。このお顔が堪らない(*´∀`)
実際、美女は狂っているくらいが丁度いいとです。
ジャン・フランソワ・ミレーって落ち穂拾いのミレーですね。
確かに初めは かぶる(笑)

>白・緑の肌対比だから夏服&冬服も見たかったです。
そ~だー!!
へたこいた~ orz

なぜに月影先生…w 野際さんw


>もんちさん


ぜひぜひ~ 良かったですよ~^▽^
見所が沢山ありました!
一度、世界中のオフィーリアを集めて
『オフィーリア展』なんて開催していただきたいわ♪

| Rin | 2008/09/07 22:29 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nadeshicorin.blog70.fc2.com/tb.php/539-5467b125

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT