PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

葉月

漫画の展覧会が流行っている。

上野の井上雄彦展に続き、
日本橋の池田理代子(ベルサイユのばら)展。
そして銀座の高橋留美子展。 ルネッサ~ンス!

理代子先生も留美子先生も大好きなので、どちらもギガント行きたい。
とんでもなく混雑してるだろうなぁ。
行きたくねぇ~。 (どっちやね~ん)

ベルばら展は招待券を持っているので、こちらだけでも行こうかな。
さすがに何時間待ちとかは無いだべ?ドナノ?
井上雄彦展では、軽く2、3時間待ちだったらしい。
(ディズ○ーランドやないか~い!)
そういえば昨年夏にやってたジブリの背景画展も大分並んだ。
主催者側がそれに懲りたのか今年のジブリ展は完全前売券制になってしまった。

漫画・アニメの展覧会の集客率というのは、一体何なのでしょうか。

東京現代美術館の企画展示で、『ジブリ』が唯一の黒字なのだそう。

そしたら絵画や彫刻とか日本人作家の立場はどうなってしまうんだ…。
全然人呼べてないんじゃん。
ちょっぴり切なくなる。

漫画・アニメが芸術に非ずと云う訳ではない。
私は芸術だと思います。漫画もアニメも大好き。
つまり、江戸時代でいう『浮世絵』なのですよ。
民衆のすぐ傍にある、ポップカルチャー。

お芸術は、そんなに堅苦しいものでしょうか?

自分で、これは『お芸術』なんて気取るもの おこがましい。

『お芸術』をやっている(つもりの)人は、漫画・アニメを見下してるのは何故だろう。


歴史の中に刻まれていくもの、それが真の『芸術』だと思う。

井上先生も理代子先生も留美子先生も、間違い無く歴史に残るでしょう。
漫画だろうが絵画だろうが
良いものは良いし、駄目なものは駄目ですものね。

本当に凄いやぁ。


…自分は一体、何が作れるの?
このままじゃ、歴史はおろか風の噂にだって残らんやないか~い!
はっはっは~ (笑ってる場合か)





【おしらせ】

壁紙カレンダー、8・9月分アップしました。
宜しければ使ってくださいね^^
スポンサーサイト

| 呟き | 03:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nadeshicorin.blog70.fc2.com/tb.php/514-0a37e11c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT