PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

生誕120年記念 カリスマ挿絵画家・高畠華宵展

ph_0801_2.jpg

 2008年、高畠華宵は生誕120年を迎えます。 大正末から昭和初期にかけて一世を風靡した挿絵画家・高畠華宵-。
華宵は、新聞や雑誌の表紙・口絵・挿絵、そして便箋表紙絵を舞台に活躍、作品はもちろんのこと彼の存在そのものが日本全国の少年・少女そして若い女性の憧れの的となり、カリスマ性を持った挿絵画家として活躍しました。憂愁の瞳、儚き青春、凛々しき美少年、奥床しき乙女たち…甘美で繊細な美しさにおいて比類なきセンスを発揮した華宵の作品は、現代では想像もつかないほど読者の魂に強く深く訴え、多くの人々を魅了したのでした。
 本展では、「乙女の部屋」「華宵の部屋」の二つのゾーンに分けて展覧、初公開作品を含めた約500点を一挙公開いたします。気品と妖美が交錯し、今なお輝き続ける魅惑の世界をお楽しみください。

会期: 2008年1月3日(木)~3月30日(日)
開館時間: 午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
休館日: 月曜日(但し、祝日の場合は翌火曜日)
料金: 一般800円/大・高生700円/中・小生400円(竹久夢二美術館もご覧いただけます)
弥生美術館HPより




今回もやって参りました。
元祖・乙女のカリスマ、高畠華宵の展覧会です。
相変わらず 弥生美術館はニクい催しをしてくれます。

文京区の閑静な界隈にひっそりと佇む、そのレトロな空間。
弥生美術館はまさに憩いの場所でもあります。
そこで堪能出来る叙情的な美人画。其所は21世紀とは全くの別空間。
レトロモダン万歳☆

華宵といえば言うまでもなく、大正~昭和にかけて一世を風靡した挿絵画家でありますが
その表現というかセンスは全く古くさくなく洗練されてます。
やはり、大正と昭和初期に凝縮された、あの時代は素晴らしい。
華宵好みファッションは現代でも充分通用しますな。
つーか時代を先取りしてる感じ。すごすぎ…
それらの全てをぶちこわした戦争が憎い。

当時の少女雑誌の内容も少し展示してあって
取り上げられているテーマとか悩み相談(ファッションやや人間関係や恋愛の事など)を読んで、
今も昔も全く変わらないんだなぁ… と微笑ましくなったり(笑)

高畠華宵は男性なのに、どうしてこんなに女子の事がわかっているのだろう。
すこし口惜しい。 …ぽっ
スポンサーサイト

| 芸術鑑賞 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nadeshicorin.blog70.fc2.com/tb.php/386-820c5a4f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT