PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

おわんねぇ

070823_01.jpg

青枢展の搬入まで、あと2週間くらいしかないじゃん…。


嗚呼、夏が逝く。

あっという間だなぁ。


逆さまの娘は難しい。
そして松の木も難しい。
スポンサーサイト

| 活動とか絵のこと | 23:51 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ここ....れは

単なる具象絵に終わらない大胆な発想と構図ですね。
私程度が言うのはおこがましいけど、さかさまの女の子の
流れが特に私好みだなあ~
蜘蛛って想像通りの展開の絵なのかもっと深い意味があるのか?
いえ絵なんてしょせんは見て3秒の世界だから、感じたまま
ちょい切れ気味の絵風が好きです。
重鎮(最近こんな言葉を知った)気味のオヤジ画家では
描けない絵だと思う。
http://www.k3.dion.ne.jp/~mio777/

| 井高 | 2007/08/25 17:40 | URL | ≫ EDIT

井高さん、こんにちは。
嬉しいお言葉、有り難うございます。

>大胆な発想と構図 ですか?!そんなつもり無かったので驚きです~。
逆さまガール、好奇心で始めたものの難しくて(笑)

この作品は縦長で、2メートル以上あります。
上にももう1人 ガールが立ってますよ~。
蜘蛛を描くのが好きなんですよ~。形が美しくて…。

『重鎮』て、いくつからなれるんでしょうねぇ?絵の道は果てしないです。


完成したらHPにアップしますね♪ ぜひご覧ください!

| Rin | 2007/08/26 16:50 | URL | ≫ EDIT

青枢展で拝見させて頂きました。
本物は良いですね、大きさの圧倒されました。視線はヒップからふともものあたりに釘付けでしたが。三つ編って好きな髪型ではなかったのですが、色気を感じてしまいました、なぜでしょう。

もう1点の方は蟷螂斧も少女の前では優しささえ醸し出してしまいます。やはり桜よりも梅ですね、艶やかさよりも、まだ堅さを持った、秘めたる思いが、どこからともなく香るものと伴に、伝わってきます。

| みんみんちょう | 2007/09/26 20:25 | URL | ≫ EDIT

みんみんちょうさん、こんばんは。

どっへー!!!!!!!!
青枢展、足を運んで下さったんですか!?!?
いつ頃お越し下さったのでしょうか?
ビックリです。本当に有り難うございます!!

描いてて良かったなぁと感じるのは、無事に、きちんと作品を、お客様の目の中に届けられた時です。
すごく安心します。

これをきっかけに、三つ編みフェチになったり?(笑)
そうなったら嬉しいですね~。

テーマは思春期ですから。
バランスの取れない危うさというか、一生の中で何故かそれは光りのごとく一瞬なので、あえて閉じ込めたくなるのです。

『松』、『梅』なので、次は『竹』にいってみたいと思います!

| Rin | 2007/09/28 02:18 | URL | ≫ EDIT

水曜日に拝見させて頂きました。
バランスの取れない危うさは魅了があります。脱皮や羽化の瞬間、最も無防備で、子供でも大人でも無い瞬間。男は温々とデカクなるだけですが、女性の少女とも大人ともとれない瞬間に魅力を感じます。人もそうですが昆虫の♂は成虫になっても未熟で、更に成熟が必要です、しかし、♀というのは既に完成されている。過渡期の瞬間がほんとに僅かです、はっと気がついた瞬間に、それは過ぎているかも知れない、でも、それを見つけられた時は、幸運です。
やはり竹の構想がお有りなのですね。楽しみにしております。

| みんみんちょう | 2007/09/28 19:46 | URL | ≫ EDIT

ぬぉ~ 水曜日は会場に行っておりませんでした。残念です。

まぁ!とてもアカデミックで哲学的!これ以上にわかりやすい説明はないですね。そのまま引用したいくらいです。
まさに、その『幸運な瞬間』を描き出したいのです。
時間というものは残酷です。
人形や絵画は歳を取らずに永遠を生きるので羨ましい。(笑)

ただいま夢現つに構想を練っております!
展示はおそらく来年になると思いますが、宜しくお願い申し上げます。

| Rin | 2007/09/30 02:16 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nadeshicorin.blog70.fc2.com/tb.php/274-dabb67da

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT