PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

生誕100年 靉光展

aimitsu_.jpg

会場:東京国立近代美術館 企画展ギャラリー(1F)
会期:2007年3月30日(金)~5月27日(日)
概要: 昭和の戦前・戦中期に、きわめて個性的な作品を描き、近代日本美術史上に大きな足跡を残した画家、靉光(あいみつ)。このたび彼の生誕100年を記念する回顧展を開催します。
 靉光(本名:石村日郎、1907-1946)は広島県に生まれました。1924(大正13)年に上京し、「池袋モンパルナス」と呼ばれた界隈で仲間たちと切磋琢磨しながら、自らの画風を模索していきます。その探究の果てに生み出された《眼のある風景》(1938年)や、細密で幻想的な一連の作品は、シュルレアリスムの影響を思わせつつも、けっしてその一言では片付けられない独自性と“謎”に満ちています。描く対象に鋭く迫り、写実を突き詰め、そして突き抜けた先に生み出された幻想。この類まれな境地に達した彼ですが、戦争によってその画業は途絶しました。召集を受けた彼は、終戦後まもなく上海で、わずか 38歳で戦病死したのです。
 現存する彼の作品は、必ずしも多くはありません。しかし、描く対象の本質をえぐり出すようなその作品の評価は、今日ますます高まっています。本展では、幻想的な作品をはじめ、応召前に残した3点の自画像など代表作を網羅し、約130点の作品を時代・傾向別に4つの章に分け、靉光の見つめたものを検証します。


…とのことなので、行ってきました。
27日までだからギリギリじゃ~。雨の美術館も いとをかし。
靉光という画家は初めて知りました。
メトロのポスターで見て、ずっと気になってたのです。

この絵に惹かれて↓
aimitsu.jpg

でも本物はビックリするくらい小さくて、うーん(´Д`;)
B5くらいなんですよね。その小さな画面にこれだけ詰めるのも良いけれど、やはり大きければもっと感動したでしょうねぇ。
溶かしたクレヨンによる「ロウ画」という手法。
何だか変わってて、色が美しかったです。

全体を通しての感想は、うーん、イマイチ。って感じですかな。(笑)
まぁ人それぞれの好みですから。
今の私にはまだ堅苦しい。

この人は38歳で上海で病戦死している。38年という短い人生の間に、ぎゅっと凝縮された 靉光の芸術。初期作品は鮮やかな色とコントラストで彩られていたけど、段々と戦争の闇が彼の絵に影を落としていきます。こういう作品達はあの時代でしか有り得なかっただろうなぁ…と思う。この時代の画家達は、厳しくても貧しくても 意欲を捨てずに生きていた。
平和な時代に何やってんだろうねぇ、私ゃ…。・゚・(ノД`) 恥ずかしくなりますね。
『知らない』とは恥ずかしい事なのだよ。
いつまでも平和ボケしている場合では無い。戦争はなくならないのだから。
何でも、生きているうちなのさ!おー!
スポンサーサイト

| 芸術鑑賞 | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nadeshicorin.blog70.fc2.com/tb.php/197-94fb07f9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT