PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

平成26年1月 新橋演舞場 初春花形歌舞伎

時は、2014年の正月を迎えたころ。

今年はなるべくたくさんの歌舞伎を観る!
…と自分の中で密かに目標を掲げたのでした。


新年一発目に選んだ演目はこちら。

通し狂言 壽三升景清(ことほいでみますかげきよ)


shinbashi_201401ff.jpg

歌舞伎十八番に描かれた悪七兵衛景清の世界
―『関羽』『鎌髭』『景清』『解脱』―
新たな構想で通し狂言として上演!

 
2014年の新橋演舞場の年頭を飾る「初春花形歌舞伎」では、"悪七兵衛景清の世界"を新たな構想で描く、通し狂言『壽三升景清』を御覧いただきます。

 平家一門が繁栄から源氏との戦いに敗れ没落するまでを描いた軍記物「平家物語」の中の登場人物の一人、悪七兵衛景清。「悪」は勇猛さを指すと言われ、その名の通り源氏との戦いの中で勇将ぶりを発揮した景清は、「平家滅亡の後も源氏打倒を胸に秘め、頼朝の暗殺を三十七回も企てた」など、いわば"反逆の英雄"として数々の伝説的なエピソードが語り継がれています。

 この景清の謎に満ちた波乱の生涯は、魅力的な題材として、能、浄瑠璃など幅広いジャンルで取り上げられ、歌舞伎でも、いわゆる「景清物」として多くの作品が創作されています。七世市川團十郎が撰定した「歌舞伎十八番」には、二世團十郎が初演した『関羽』『景清』、四世團十郎が初演した『鎌髭』『解脱』の四演目で景清が登場します。

 これまで「歌舞伎十八番」の継承と復活に意欲的に取り組んできた市川海老蔵が新たに挑む『壽三升景清』。「歌舞伎十八番」ならではの荒事で魅了する、お正月にふさわしい華やかな舞台にどうぞご期待ください。
ではの荒事で魅了する、お正月にふさわしい華やかな舞台にどうぞご期待ください。(歌舞伎美人より)



海老蔵さま。成田屋の若旦那。歌舞伎界最高峰の御曹司。
彼にはちょっとスキャンダラスなイメージがちらついて
誤解をしている人も多い気がするが、
実物の彼は、本当にカッコいい。
美丈夫という言葉は彼の為にあるような気がしてくる。
舞台さえきちんとこなしていれば、別に何しても(?)構わないのではなかろうか。
あんだけイケメンならば仕方はない、ね。
歌舞伎役者なんて、元々どんな人だってハチャメチャじゃあないの。笑

歌舞伎十八番とは、市川宗家のお家芸のことで
全部で18演目あるので歌舞伎十八番といいます。(説明するまでもない)
『助六』『勧進帳』『暫』などは今でも人気でよく上演されていますが
今回上演された『関羽』『鎌髭』『解脱』は、滅多にかかることがないらしい。
海老蔵氏は、歌舞伎十八番の復活に意欲的に取り組んでおられるようです。
江戸時代から時を超え、新たな命を吹き込むべく。

景清という名の、平家の風雲児。この度はじめて知りました。
打倒源氏に燃えている血気盛んな部分と、
頬に入った藍隈で少しの哀愁を匂わせる陰の部分。

話の方は、ざーっと観てみての感想…「よくわからない…」でした^^;
歌舞伎十八番といえど、新たに構築し直した完全新作であるので予備知識も無いのです。

されど、よくわからなくても楽しませてくれるのが歌舞伎です。

荒事のダイナミックな舞台装置。
豪華絢爛で斬新な衣装。
そういうものを観ているだけでワクワクドキドキです。
歌舞伎はエンターテイメント。

花魁道中が本当に綺麗で美しくて…
禿ちゃんが可愛過ぎてキュン死しました。
もっと歌舞伎でお稚児さんが観たいですw
なんで着物姿の子どもってあんなに可愛いのっっ><

新春に相応しい、華やかで豪華な演目でした。
さすがは成田屋。これから楽しみです。

スポンサーサイト

| 歌舞伎鑑賞(備忘録) | 20:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nadeshicorin.blog70.fc2.com/tb.php/1356-1076275d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT