PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

愛國倶楽部 第肆巻

481d1db9-h.jpg

『愛國倶楽部・第肆巻 』完成いたしました。

日本史における狂気や残虐をモチーフに描くことで
逆説的に愛を説く絵巻物語・第四弾。

宮鼓撫子、ふたりの自費出版の合同誌です。

今回のお品書きは、戦中国民生活についてと
八百屋お七エピソード&私的江戸拷問についてなど。

表紙画は、わたくし撫子凛です。
お七ちゃんと吉三さんを描いてみました。

全28ページ A5サイズ


★★★★★★★★★主な委託先↓★★★★★★★★★

アリスブックス
※こちらはネット通販のみになります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

タコシェ様と模索舎様の委託は、来週中に行う予定です。
今後もイベント等で販売していきます。

んなんと、この巻にて愛國倶楽部はひとまず最終巻!!

わたしのサイトの通販ページでも取り扱い開始しました。
興味がありましたら是非、お手に取ってみてくださいね。
スポンサーサイト

| 活動とか絵のこと | 21:42 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

某アイドルについて

自分はあれをアイドルのプランテーション化だと思ってるんですが。
実際の熱帯雨林は減少の一途をたどっているのですが。
媒体の増加と変化によってアイドル界の熱帯雨林は増加し、多種多様なアイドルの存在が可能になったと。
例えば小森純さんとかキャリーパミュパミュとかの存在も可能になったと考えるわけです。
そしてそれは好ましいことだと。
その熱帯雨林の中でアイドルたちは安寧に暮らしてるわけじゃなくてある程度のマスを得なければ消えたりとって代わられてしまうわけで厳しい競争社会の中にいることに変わりはないのです。
努力と才能で生き残れるものだけが生き残ればいいわけです。

そんな魅力的なアイドルの森をブルドーザーでならして48人単位でアイドルの苗を植え付けさらに名古屋だの大阪だの福岡だのと増殖させていくアイドルの多様性を否定するようなやり方に賛成できるはずはないのです。
反動的再植民地化には断固反対なのであります。

| 陸敵軍鶏児 | 2012/03/31 19:46 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nadeshicorin.blog70.fc2.com/tb.php/1193-58ffe0c3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT