PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

The Artist's Touch, The Craftsman's Hand

ちょいとテンションの上がるニュースが入って参りました。

2011年10月1日~2012年1月22日まで
アメリカ・オレゴン州にある、ポートランド美術館にて
日本の浮世絵や版画の展覧会が開催されております。

その中に、なんと
わたし撫子凛の作品も展示されているそうです。
 

10114235-large.jpg

The Artist's Touch, The Craftsman's Hand
Three Centuries of Japanese Prints from the Portland Art Museum
OCT 1, 2011 – JAN 22, 2012


三世紀にわたる日本の版画(プリント)作品を
紹介する内容と思われます。

ポートランド美術館に作品を買って頂いたのは
昨年度、楳図かずお先生の浮世絵と一緒にやらせていただいた
展覧会『Guwashi!』の時。

まさか、こんなに早く海の向こうで日の目を見ようとは…。
びっくりです。

もっとびっくりなのは、オレゴニアン新聞紙上で
この展覧会について紹介されてるのですが
私の名前もチラッと出ています。

抜粋↓

"The Artist's Touch, the Craftsman's Hand" is an ambitious and handsome overview of the best in the museum's collection of more than 2,500 Japanese prints. It includes roughly 230 pieces ranging chronologically from 1672 (a black-and-white leaf by Hishikawa Moronobu from his illustrated book "Poems by One Hundred Warriors") to 2010 (Rin Nadeshico's inkjet print "Corpse Princess," a reflection on beauty and mortality).


要約すると…
2500点以上にも及ぶ美術館の日本版画コレクションの中から、
最も粋なものを230点時代順に展示するというもの。

菱川師宣(1672)から、撫子凛(2010)まで…
みたいに、書いてあります。

江戸浮世絵師の巨匠と同じ系列に…(汗)
本当にいいのでしょうか。\(;゚∇゚)/

でもこれが、海外のセンスのおもしろいところ。
日本では絶対にこんな展覧会は実現しません。

ビビりますが、本当にうれしいです。

日本代表(?)として恥じないよう
これからも精進しなきゃ…

なんてったって、撫子ジャパンですから、ね。
スポンサーサイト

| 活動とか絵のこと | 22:09 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

歴史的な作家と完全に同列に扱われてますが…

Corpse Princess?
屍姫?

これをスルーして、OKなんですか?

| 分室 | 2011/10/28 12:12 | URL | ≫ EDIT

『骸姫』ですね。
ほんと、なぜに 歴史的作家と同列とか!!(汗)ぎゃー

スルーしちゃ、マズいですよね。
どうしましょう。w

| Rin | 2011/10/30 22:48 | URL | ≫ EDIT

やっぱり凛さんは
スゴいです

コレからも
凛さんのイラスト
追いかけて行きます

| 安蔵公園 | 2011/11/05 01:54 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございます。
これからも、頑張ります!

| Rin | 2011/11/12 00:47 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nadeshicorin.blog70.fc2.com/tb.php/1168-7a999788

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT