PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

月子について

tsukiko_san.jpg

命名『月子』

273×220(mm) 木製パネル、キャンバス、アクリル


背景のモチーフは、露芝文。
三日月状の葉の群れ上に、伝って落ちる露の玉。

朝日とともに消える露のはかなさ。
夜露まで文様に落とし込む日本人の、美に対する貪欲さは
とどまるところを知りません。


万葉集の中には、
『月の神が持っている若返りの水をあなたに差し上げて若返らせたい』
と書かれてる一節があります。

※若返りの水のことを、変若水(おちみず)
月の神のことを月読(つくよみ)といいます。


満ちては欠け、欠けては満ちる、を永遠に繰り返す月は
“不死”の象徴ともいえるのでしょう。

地上に生きるものに、“永遠”は無縁のもの。
わかってはいるけれど
人は、何千年前も昔からそれを追い求めてやまないらしい。

今宵も、月読の君に何を思い馳せるのでありましょうか。


 天橋も 長くもがも 高山も 高くもがも 
 月読の 持てる変若水 い取り来て 
 君に奉りて 変若しめむはも (万葉集)


*全貌は、凛音ギャラリーページへどうぞ*
スポンサーサイト

| 活動とか絵のこと | 17:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

月子と言えば天野月子。
日本ではPillowsと共に、最高のアーチストだと思っています。

そんな訳で、月子さん、予約。
よろしくお願いします。

| 分室 | 2011/10/20 20:44 | URL | ≫ EDIT

そうだ、しまった!天野月子さんいましたね~。
お好きなんですね!意外だー

予約の件はM下さんにご相談ください。
まだ作品一覧をギャラリーに送ってないのですが…。来年くらいになると思います。

| Rin | 2011/10/22 22:12 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nadeshicorin.blog70.fc2.com/tb.php/1167-421a4aba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT