PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

二隻の舟

『二隻の舟』中島みゆき


時は 全てを連れてゆくものらしい
なのに どうして 寂しさを置き忘れてゆくの
いくつになれば 人懐かしさを
うまく捨てられるようになるの

難しいこと望んじゃいない
有り得ないこと望んじゃいない

時よ最後に残してくれるなら
寂しさの分だけ 愚かさをください

おまえとわたしは たとえば二隻の舟
暗い海を渡ってゆく ひとつひとつの舟
互いの姿は波に隔てられても
同じ歌を歌いながらゆく 二隻の舟

時流を泳ぐ海鳥たちは
むごい摂理をささやくばかり
いつかちぎれる絆見たさに
高く高く高く

敢えなくわたしが波に砕ける日には
どこかでおまえの舟がかすかにきしむだろう
それだけのことで わたしは海をゆけるよ
たとえ舫い綱は切れて 嵐に飲まれても
きこえてくるよ どんな時も
 
お前の悲鳴が胸にきこえてくるよ
超えてゆけと叫ぶ声が ゆく手を照らすよ

ーー

風は強く波は高く 闇は深く星も見えない
風は強く波は高く 暗い海は果てるともなく
風の中で波の中で たかが愛は木の葉のように






この歌もコンサートで聴いて、震えました。
『二隻の舟』は夜会のテーマソングであり、
コンサートでフルバージョンを歌われたのは初めての事だそうです。

舟が、“二隻”というところがポイント。
“一隻”の舟にふたりで乗ってるのではなく、
ひとり“一隻”ずつの舟に乗っているから、『二隻の舟』なのです。

自分の舟を漕ぐのは自分ひとり。
けれど、一緒の時間に おんなじ海を渡っているんだよ、という歌なのです。


わたしたちは二隻の舟 ひとつずつのそしてひとつの

スポンサーサイト

| miss.M | 16:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nadeshicorin.blog70.fc2.com/tb.php/1108-69a30613

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT