PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

声に出して読みたいみゆき

2月23日は、中島みゆき様のお誕生日です。

昨年度コンサートに行ってからというものの、すっかり
“ただのファン”から“かなりのファン”へと変貌いたしました(^0^)/
夜会のDVDだって買い揃えちゃったもんね!
みゆきさんお誕生日おめでとうございます!
(オールナイトニッポンを聴いていたような往年のファンの皆様には敵いませんが…すんません)

みゆきの歌は、哲学の書でございます。

その人の人生を変えてしまうであろう格言の数々が、
楽曲の隅々に散らばっている。

そこで私がみぞおちにボディーブローを喰らっちまった
詞をいくつかご紹介しようと思います!十編選んでみました。
初めは痛いけれど、じわりじわり五臓六腑に染みわたる。




*謝れば 理由が付けば 何が消せると言うのでしょうか 『今日以来』


*一人で泣くとなんだか自分だけいけなく見えすぎる
 冗談じゃないわ世の中誰も皆同じくらい悪い 『泣きたい夜に』


*あぁ 失えば あぁ その分の
 何か恵みがあるのかと つい思う期待のあさましさ 『負けんもんね』


*傷ついてもつまずいても過ぎ去れば物語
 人は誰も過ぎた日々に弁護士をつけたがる 『ノスタルジア』


*終わった恋なら なかったようなもの
 止め金のとれた ブローチひとつ 捨てるしかない 『横恋慕』


*人は多くなるほど 物に見えてくる
 ころんだ人をよけて 交差点(スクランブル)を渡る 『帰省』


*どこから来たかと訊くのは 年老いた者たち
 どこにも残らぬ島なら 名前は言えない 『吹雪』


*正しい人こそいないんじゃないか
 カンペキ正しいってどういう人だ 『Nobody is right』


*地上に悲しみが 尽きる日はなくても
 地上に憎しみが 尽きる日はなくても
 それにまさる笑顔がひとつ多くあればいい 『泣かないでアマテラス』


*生きて泳げ 涙は後ろへ流せ 『サーモン・ダンス』




如何ですか。沁みますか。
すんなり聴き流そうとしても聴き流せなかったフレーズの数々です。

神様が地上へ与え給うた人類の至宝であり
現代を生きる神女(みこ)、、中島みゆき。

興味をそそられた方は是非聴いてみてください。
この機会にぜひ。
世代じゃないとなかなか聴かないものだしね。

「暗い」なんて言ってるヤツは古いのだ!

みゆきの歌が、私にそうしてくれたように
あなたの明日を照らしてくれますように。
スポンサーサイト

| miss.M | 21:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nadeshicorin.blog70.fc2.com/tb.php/1098-682584e3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT