PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

中島みゆき TOUR2010

11月23日。新嘗祭。

わたしは“女神”を目撃した。


top_photo.jpg



みゆき様のコンサートに行ってから もう2週間くらい経つのに
まだ余韻に浸っています。

こんなことは、非常に稀なこと。
たいてい、鑑賞を終えたその日のうちは残っているけれど
寝て起きたら通常通りになるものの方が多かったりする。

なのに今のわたしってば!
寝ても醒めてもみゆき様の事を考えちゃっている。(きゃー 言ってしまったわ。)


生の、中島みゆきは凄い。

身体に、心に、ぶつかってくる言霊、のちから。

言葉の魔術師・中島みゆき。
声と音楽に乗せて、生きとし生けるもの全てに対して
彼女は唄う、歌う、詠う、唱う、謡う。

魂から叫ぶ生命讃歌。

彼女の耳には
人は勿論のこと、動物、虫、空、海、風…そんなものの声が、
聴こえているんだと思う。気持ちがわかる、とでもいうのかな。

そうでなければ、あんな詞は書けないよ。

シンプルな言葉の奥に、さりげなく真理を説き、私達に優しく投げかける。
そこに流れる宗教観。みゆき様のうたは、紛れも無く哲学の書である。


たとえば、超有名曲『時代』が説く真理。

「まわるまわるよ 時代はまわる
喜び悲しみ繰り返し
今日は別れた恋人たちも
生まれ変わって めぐりあうよ」

…こんな、ぺろっと諸行無常と輪廻転生についてうたった詞を、
当時20歳弱の娘さんが書いていたというおそろしさ。
どうやって悟りを開いたのだろう?

みゆき様の曲は、作詞作曲すべて、彼女の手によるものなのです。
なのにもかかわらず、デビューから片時も休む事も無く
年に1枚のペースでアルバムを発表する勤勉さ。
現段階でリリースされているオリジナルアルバムは37作にも及ぶ。
ラジオDJに、楽曲制作に、コンサートに、夜会に。。
デビューから35年間 毎日目の廻る忙しさだったに違いない。
テレビ出演を厭っていた理由がよくわかる。

今までさりげなく中島みゆきを聴いていた方、
真面目に彼女の“言葉”と向き合ってみましょう!
目から鱗が100枚くらい飛び出すかもしれない。



みゆき様に宇宙が見える。宇宙まで行っている。

これは横尾忠則氏が言っていた『天才論』に繋がった。
前にブログでも少し触れたと思うけれど…

横尾氏いわく、
「天才は、メディアの一種である。
世の中の表現の中には、自己表現と他己表現があって、
他とは宇宙のことであるが、天才は宇宙と繋がって
ものを創ることができるのだ」

つまり要約すれば、『天才とは神の声を聴ける人間のこと』となる。

ボンクラには理解しがたい話かもしれないけれど
“天才”と言われている人には、霊感も備わっているそうです。
マイケル・ジャクソンも、実はそういう力があったと言われています。
(どうせ信じてもらえないから本人は公表しなかったみたい)


中島みゆきは、神女だ。

トンでもない発見を、わたしはしてしまったよ! (いまさら!)

男と、女と、戦士と、聖母と、幼女と、老婆と、悪魔と、天使が
同じ身体に棲んでいる。


「中島みゆきが好きだ」と云えば「暗い」といわれ
カラオケで歌えばドン引きされる。

…にもかかわらず、70年代80年代90年代2000年代と
4世代にわたりチャート1位を獲得した、たった1人のアーティスト。



拝啓

中島みゆき様

好きです。
ずっとずっと、美しく気高く元気でいてください。

来月もコンサート行きます。

ほんとうの、“最後の”女神様。

I love you 答えてくれ!

miyukisama12.jpg
スポンサーサイト

| miss.M | 14:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

生意気な(笑)

厨房のとき、リスナーだった私もまだチケットゲットしたことないので生で見たこと無いのに!

| Go | 2010/12/08 01:18 | URL | ≫ EDIT

おっ!みゆき様お好きですか?^0^

リアルタイムANNを聴いてたというだけで、
嫉妬に狂いそうですww

次は夜会に行ってみたいですね~。
チケット取れないんだよなぁ>_< 高いし…

| Rin | 2010/12/08 17:42 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nadeshicorin.blog70.fc2.com/tb.php/1073-b3fa4f66

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT