PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

円山応挙展

SN3M0162_0001.jpg


円山応挙
(1733-1795)享保18年(1733)現京都府亀岡市の農家の次男として生まれ、10代で上洛して狩野派の石田幽汀(ゆうてい)に画を学びました。また、若き日には玩具商・尾張屋勘兵衛のもとで人形の彩色などに従事したともいいます。尾張屋では、西洋銅版画を手本に覗きからくり用の眼鏡絵を描くうちに、その遠近法を腕に染み込ませ、奥行き感ある表現の基礎を築きました。(三井記念館美術館HPより)



心から行って良かった…!と思える展覧会でした。

館内は あまり広くはなかったけれど
国宝・重文のオンパレード。360°応挙。幸せな空間でした。

光琳といい、永徳といい、京都生まれの美術品は華やかです。
質素な江戸のとは、違った魅力がある。

三井記念美術館は、三井グループが運営する美術館。
豪商三井氏は、円山応挙のパトロンだったそうです。

応挙の描く屏風や襖絵は、人間業か…!?と思うくらい
卓越した画力で描かれているけども、オシャレで遊び心があって
何故かほっとする。 身近なモチーフ、普遍性。
それが豪商の心を掴んだのかも知れぬ。

0ukyo10242.jpg


屏風、襖絵の大作は鳥肌ものでした。

1ミリも無駄がなかった。

余白。
何も描かれていないのに、生きている。

ただの1本の線が、生命を感じさせる。

oukyo1024.jpg


誰もが圧倒されて、感嘆の息を漏らしていました。。

1本の線で、何も描かれていない空間で、
こんなにも人を感動させることができるとは。

余白の使い方で、応挙の右に出るものなし。感奮!!


2010-10-24-11.jpg
スポンサーサイト

| 芸術鑑賞 | 01:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nadeshicorin.blog70.fc2.com/tb.php/1042-e7001610

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT