2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

≫ EDIT

THIS IS IT

DSCN4445.jpg


この映画の中で、“本物”だったもの。


マイケル・ジャクソンの魂。

遺した楽曲の素晴らしさ。

良いものを作る為に努力する懸命さ。

ダンサーやバンドメンバーの幸せそうな顔。



確かに彼は、其所に居た。

最高のステージを魅せてくれる為に。


映画単体として観て半分以上は、
金儲けの為に作られた“虚構”なのは明らかである。

でもそれが何だと言うのか。

我々は変わらず、マイケル・ジャクソンが好きで仕方ない。


ただ、思った以上に痩せきった身体で驚いた…。

あの細身で渾身の力で唄って踊って

「もういいよ、マイコー。もういいから…。」

という気持ちに何度もなった。


でも、やっぱり恰好良いものは、カッコイイ。

マイケルのダンスを脳裏に浮かべるだけで、生きる活力が湧いてくる。


パリの映画館でも満員御礼・拍手喝采。
(フランス語字幕で観たので細かい会話は理解できなかったけど…)

世界が1つになった。

きっとまた1つ、世界が癒された。


神様、この世に Michael Jacksonを産み落としてくれて有り難う。

I LOVE YOU
スポンサーサイト

| 芸術鑑賞 | 09:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Jehanne Darc

DSCN4639.jpg


フォ~ロ~ ミ~

| 仏蘭西 | 07:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Rothenburg 2

CIMG2350.jpg


此処は、本当に夢の国ではなく 実在している場所なのでしょうか?

どうしたら、こんな可愛い家が思いつくの。


CIMG2349.jpg


まるで おもちゃの家のよう…。

小人になった気分。

むしろ、もう小人になってしまいたい。


CIMG2399.jpg


↑扉の上の葡萄の蔦は本物です。

自然にこんな上手い具合に絡まって育ってくれるものなのか?

お店のディスプレイも、置いてある品物も、
とにかく可愛すぎて困っちゃうZE!


CIMG2426.jpg


馬車 乗りたぁい。

| 独逸 | 05:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Rothenburg

091013046.jpg



ローテンブルク。


フランクフルトから、ヨーロッパバスで2時間40分。

ロマンチック街道沿いでも人気の高い大規模郡都市です。
中世の街並みが、そのまま残され見事です…。

ドイツの町のプロトタイプだそう。

此処は、ずっと昔の侭なのだ…。


なんて可愛過ぎる家や路地や看板…!

パステルカラーの配色に心打たれる。


ローテンブルク最高!!


DSCN3949.jpg


↑市庁舎の前の通り。
着いてすぐは雨が降っていました。

091013-228.jpg


DSCN3945.jpg


091013-407.jpg


091013-017.jpg


091013-081.jpg



091013-088.jpg


↑夕焼けが綺麗!よく見ると、ひこうきぐもが…。


DSCN4029.jpg


↑城壁の上から見た風景。

萌えるぅ~

| 独逸 | 20:14 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Romantische Straße

DSCN3938.jpg


ロマンチック街道。


ドイツのヴュルツブルクからフュッセンまでの366kmの街道ルート。

国を代表する観光名所。


ロマンチックな道ではなく、ローマまで続く道 という意味。


ほぼ直線状に連なったドイツの観光名所を地図の上でつなげ、
続けて観光するのに便利なように案内した順路のようなものである。(ウィキより)


DSCN3927.jpg


フランクフルトから、バスを使ってロマンティック街道を下ります。

目指すは、中世都市・ローテンブルク!


DSCN3935.jpg




DSCN3937.jpg

| 独逸 | 19:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Kaffee

DSCN3904.jpg


Kaffeeとはドイツ語でコーヒーのこと。

Hallo!とか、独語はそのままローマ字読みをすれば良いから
簡単らしい。(仏語に比べれば。)


ドイツはコーヒーが美味い!

ケーキも甘さ控えめで、これまたウマス。


DSCN3899.jpg


DSCN3898.jpg


フランクフルトは、商業都市だからビルが多くて、無機質で、
建物がシンブルでカチッとしている。

うわ~ 日本ぽい。落ち着く…(*´Д`*)

「首都ではないし、でもビル多い、都会だけど人があまりいない。
これって、さいたま新都心って感じだよね~。」

…なんて 友達と言い合っていました。
(伝わる人にしか伝わらない例えw)


DSCN3917.jpg

↑ゲーテ広場。どれがゲーテ?

| 独逸 | 21:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

120th Anniversary

DSCN4497.jpg


エッフェル塔の生誕120周年記念ライトアップを見てきました。


チカチカ発光したり、レインボーになったり、フランス国旗色になったり…

百花繚乱の豪華絢爛。

約15分もの、光のスペクタクル。


…クラウザーさんとエッフェル塔が交わったら何が生まれるんだろう?
なんて、くだらない事を考えてしまった。(笑)
(ちなみに東京タワーの場合は六本木ヒルズw)


言葉にならない位の感動です。

見れて良かった、本当に…。

12月31日まで毎日午後8時から4回行われるそうです。
機会がありましたら是非!

| 仏蘭西 | 20:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Salon du Chocolat

CIMG2874.jpg


たまには巴里の話題を。

10月半ば、パリで行われてる
チョコレートの祭典、サロン・ド・ショコラ(Salon du Chocolat
に行ってきました。

チョコレートを摂取し過ぎると肌荒れるので
一時期 禁止令を出していましたが、そんなの関係ねぇ!w

フランスのチョコレートは神すぎるのだもの。


CIMG2878.jpg


噂には聞いていたが、まさしく其所は天国。

入場料12ユーロでチョコレート食べまくり。

貪欲にボリボリ試食しまくり、最後は胸やけが…(笑)
どれもこれも超~美味しかったです!

メゾンドショコラのマカロンも試食させて頂きラッキー!
不滅の美味しさでした


CIMG2891.jpg

このアイスも試食でゲッツ!

気前が良過ぎる。

CIMG2879.jpg

CIMG2914.jpg


チョコレートで作られたファッションショー。

美味しいドレス!

最後はどうなってしまうの?

| 仏蘭西 | 05:42 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Dom

DSCN3895.jpg


フランクフルトのカイザードーム。

神聖ローマ帝国皇帝が選出された場所、
そして戴冠式が行われたドームとして歴史のその名を残す。


近代的なビルが多い この商業都市のど真ん中に
浮き出すように、そして見守るように、厳かに佇んでいる。


DSCN3889.jpg


DSCN3890.jpg


パリやフィレンツェで、これでもか!という位
ド派手なゴシック建築を見てきたせいなのか

あれ、地味じゃない?ここ… という感想が出てきた自分って!

慣れって厭ぁね。(笑)


でも、カイザードームはカイザードームで好き。

シンプルは飽きがこないのさ!


DSCN3892.jpg

| 独逸 | 02:54 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Frankfurt am Main

DSCN3923.jpg


↑フランクフルト中央駅

パリからTGVで、乗り換えなしの一直線。
降り立ったら其所はもう冬の気温。

ドイツの10月は、思った以上に寒さが厳しいようですーー;


DSCN3874.jpg

DSCN3863.jpg


路面電車が走っていました!

カワユス!


DSCN3866.jpg

DSCN3876.jpg


↑だんご3兄弟~♪

ゴミの分別はしっかりしてるようです。さすが!


DSCN3871.jpg


フランクフルトは、何も無い。

商業都市だから?それとも運悪く日曜日だったから?


この日は雨が降っていて、都会の寒さが身に染みた1日でした☆

| 独逸 | 21:35 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Guten Morgen

DSCN3861.jpg


ハァ~イ バカシンジ♪

私の愛するアスカの出身国。

弐号機も独逸製なのよ!
アダムより生まれし本物のエヴァンゲリオンなのよ!



そして、何といっても椎名林檎!

独逸と云えば、林檎女史を思い起こす。


ゲーテと云う名の黒猫を飼い、

ディートリッヒ坊やと云う名の デューセンバーグ製ギターを掻き鳴らし、

ヒトラーと云う名のベンツに乗っていた。


そんな彼女ですが、ドイツに行った という話は聞いた事ないような…。
パリやロンドン、NYには行ったそうですが。

不思議だ。


DSCN3921.jpg


ビュンビュンたくさん、ベンツの疾走する姿を見ました。

国産車だから当たり前か。


ドイツ色のタクシーなら 新橋目指す 外苑東。

| 独逸 | 16:35 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Gare de l'Est

DSCN3850.jpg


パリ・東駅から、ドイツ・フランクフルトまではTGVで。


初めて乗るTGVは快適でした~♪

ヨーパロ電車って、ほんとイイ!


フランクフルトまでは約4時間。
長いようであっという間。

だって窓の外の景色が美し過ぎるのですもの。
10分も走れば、森と畑しか無くなるって…おいw

馬とか牛とか見えちゃったりして、テンションが上がります。(*´Д`*)

これぞ、リアル“世界の車窓から”


DSCN3855.jpg


DSCN3851.jpg

| 独逸 | 05:25 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Guten Tag

ドイツ行ってきましたー!

景色最高、食べ物も最高で、凄く楽しかったです。
嗚呼、同胞よ!!!

やはりラテン系より
イギリス・ドイツのような規則正しい国が自分には合っている(笑)

すっかりドイツ大好きっ子になってきました。

今回は友達と行ったので
毎日爆笑しまくり抱腹絶倒の旅になりました。


また行きたいなぁ。


落ち着いたらゆっくり日記をあげていきます。


DSCN3878.jpg

| 独逸 | 01:09 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

独逸

明日からドイツ5日間の旅!


まずは、パリから列車でフランクフルトに行きまっす。

憧れのドイツ

楽しみだふぉい ⊂二二二( ^ω^)二⊃

| 独逸 | 06:10 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地中海こえて

DSCN3819.jpg



シャンゼリゼ通りにエジプトの人。

| 仏蘭西 | 18:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Victoria and Albert Museum

DSCN3801.jpg


ヴィクトリア&アルバート博物館


現代美術・各国の古美術・工芸・デザインなど多岐にわたる400万点の
膨大なコレクションを中心にした国立博物館。

ヴィクトリア女王(1819-1901年)とアルバート公(1819-1861年)が基礎を築いた。
略称「V&A」。(wikiより)



DSCN3802.jpg



言わずもがな、入場無料ですわよん、ガッハッハ

この辺りはもう、
連日のS級ミュージアム巡りで 冷静な判断ができなくなくなった頃です。

どこもかしこもネ申ばかり。

冷静な頭で観れればどんなに良かったか…w



DSCN3781.jpg

↑クヌギダマ



日本コーナーも勿論あります。

DSCN3791.jpg


なかなか良いコレクションが揃っているのではないでしょうか。

特に 根付、印籠、刀、鍔、等は
国内より状態が良いものが見られると思います。

明治維新の折、海外に輸出した為ですね。

それに国内では震災や空襲がありましたからね…。
国宝級の物も大量にあったんだろうなぁ ( ´;ω;`)

数多くの美術品が風塵と化したと思うと、口惜しいったらありゃしません。


DSCN3790.jpg

DSCN3785.jpg

DSCN3786.jpg


この仕事の細やかさとマニアックさ。

日本の遺伝子、マンセー!

息を呑むほど素晴らしい…。


DSCN3783.jpg

        /おっはー\

| 英國 | 06:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Tower Bridge

DSCN3758.jpg


格好よくて壮麗で、ちょっと感動しました。


DSCN3748.jpg

DSCN3763.jpg

| 英國 | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Tower of London

DSCN3743.jpg


ロンドン塔


中世の城塞。1282年からは処刑する監獄としても使用され
14世紀以降は、政敵や反逆者を処刑する処刑場となる。

世界遺産にも登録されています。



DSCN3744.jpg

DSCN3747.jpg

DSCN3746.jpg

DSCN3768.jpg



ここも確実に、“何か”出そう…。

入場料17ポンド(高けー)だったし見学してませんけど。
怖くて1人じゃ入れない ( ´;ω;`)

すっかり観光地化されて綺麗なのですけどね。
でも生半可な気持ちで入ったら ヤバそうなのは明らかですw

霊感ゼロの私でも そう思うのだから、本当に見える人は大変なんだろうなぁ…。

合掌。

| 英國 | 03:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

じゃのめ

向島アート展、無事に終了致しました。

ご来場の皆様、作家の皆様、スタッフの皆様、通りすがりの皆様、
全焼家主様、マンダラーの皆様、カフェのオーナー様…

本当にお疲れさまでした。

私は結局、1日しか行けずじまい。申し訳ありませんでしたm(__)m
うどんも食べられなかったし…(?)

いつでも欧羅巴の空から応援していましたよ!


スタンプラリーは終わりですが作品は一部
みづきさんと工房鳩の目さんへ移動して10/17日迄まで展示、とのことです。




私の出品作品『じゃのめ』

DSCN3380.jpg


サイズ:515mm×364mm
画材:クレセントボードにアクリル絵具


お買い上げの予約が入ったと連絡を頂きました。
本当に感謝致します。

搬入前バタバタしすぎで
データ化を忘れるというスカポンタンをやってしまい
写真がこれしかありません…(汗)

まぁ、期間限定☆幻の作品(!) という事で。

見れた貴方ラッキーよ!


DSCN3400.jpg


和カフェ&ギャラリー みづき

東京都墨田区東向島3-27-9
TEL 03-3618-8529
10:30~17:00
(日・月休 2月・8月全休〉

| 活動とか絵のこと | 16:48 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

station

DSCN3733.jpg


空中未来都市 (うそ)



DSCN3732.jpg

DSCN3736.jpg

DSCN3737.jpg

DSCN3739.jpg


ロンドンの電車は可愛いなぁ

| 英國 | 05:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月