PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【墓巡り】手塚治虫ー摠禅寺ー

漫画家といえば、豊島区である
…という図式が、私の中で成り立っております。

トキワ荘が建っていたのも豊島区だから。
日本の漫画の歴史は、豊島区から始まったといっても過言ではないのだ。
間違いない。(?)

そして、あの“漫画の神様”と呼ばれる偉大な人物が、この地に眠っているのです。

都電荒川線の線路をまたぎ、
お岩通りを渡って、細い朝日通りを進んで行くと
その場所に辿り着きます。


DSCN5906.jpg


摠禅寺(そうぜんじ)

神が眠る場所。

ここには、手塚治虫家一族のお墓があるのです。

とても立派なお寺さん。
参拝の旨を伝えて、お線香を購入すると中に入る事ができます。

撮影禁止との事だったので、
私のデジカメの中には墓地の写真が1枚もありません
(ヤホーで検索すると、皆さんバシャバシャ撮っておられるけれど…。)

人様のサイトで申し訳ないのですが、
手塚一族のお墓は、こんな感じになっております。


火の鳥、アトム、リボンの騎士、BJ、ジャングル大帝、などが描かれた石碑と、
『1928.11.3-1989.2.9 手塚治』と彫られた墓石。

あまりのシンプルさに、あまりの清々しさに、
わたしは感激のあまり息が詰まってしまいました。

こんなに近くにいて下さったのですね。
こんなにも身近に。

お寺さんにも大事に大事にされて、とても嬉しくなりました。


漫画レリーフと向かい合わせにあるのは、なんと「手塚良仙」のお墓。
治の曾祖父で、緒方洪庵の適塾で蘭方医学を学び、のち軍医として
台湾出兵・西南戦争などに従事した人物。

ご存知の方も多いと思いますが、あの名作『陽だまりの樹』の主人公でもあります。





手塚家の遺伝子、どーなっちゃってんのよ…。

日本の歴史の胎動が聞こえる。
時に厳しく、時に優しくあなた方は私たちの傍にいて下さる。

手塚先生。
今の日本を見て、貴方様はどう思われるでしょうか。


この場所に来て良かった。
また行こう。

皆様にもぜひ、一度訪れることをお薦めします。



摠禅寺

住所:豊島区 巣鴨5-32-2
最寄駅:西巣鴨、新庚申塚


大きな地図で見る
スポンサーサイト

| お出掛け | 17:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

でら名古屋メシだがや

名古屋メシ…

それは、私の心を掴んで離さないもの。


DSCN5971.jpg


味噌煮込みうどん、味噌カツ、天むす、あんかけスパゲティ、小倉トースト…。

出逢うべくして出逢った、異色な組み合わせ。
奇跡のコラボレーション。
味覚のワンダーランド。

どいつもこいつも大好物なんだよぉぉ

3日じゃ食べ尽くせませんでした。
ひつまぶしも食べ忘れました。ご免なさい。


DSCN6007.jpg


行きの新幹線では食べられなかったので、
晩ご飯にホテルで食した、味噌カツ&海老フライ駅弁♪

味噌カツ大好きです。
うまい!うまい~!!毎日でも食べられる。




そして、私の心を鷲掴みにした名古屋の喫茶店文化。

その名も『モーニング』
なんと、コーヒー1杯の値段でトーストとゆで卵がついてくる。


DSCN6013.jpg


モーニングコーヒーにオマケがついてくるのは、
地元人にはごく普通の事で
オーダー通りコーヒーだけが運ばれてくると
「はぁ?ケチだなぁ」と思うらしいですw

個人営業の喫茶店なんかにおいては
サラダやパンやスープなど定食みたいなものや、
気まぐれに寿司なんかもついてくる事もあるらしい。

もちろん、コーヒー1杯の値段はそのままで。

す~ばらしいじゃあ~りませんか。
住みたくなるわ。


このモーニング文化は、紛れも無く名古屋発祥のもの。

思えば名古屋発祥の企業は多い。
ココイチもヴィレッジバンガードも松坂屋も名古屋である。

調べるとスーパー銭湯とパチンコも名古屋らしい。
サービス産業においては、名古屋の右に出る者はなし…!?



喫茶店といえば、素敵なお店に連れていっていただきました。

コメダ珈琲店


DSCN6005.jpg


コーヒーの隣にあるものは、コメダ名物『シロノワール』
あったかデニッシュの上にソフトクリームが乗っかっています。

これがまた、うまーい!

他のメニューも美味しそうでボリューミー。
こんな素敵なお店があるなんて、名古屋に来た甲斐があったなぁ♪

…と思っていたら、

何と案外近所にコメダがあることが発覚!!

おい全国展開w

他のメニューも食べたいので、近々
コメダ珈琲 流山おおたかの森店に行ってみようと思いますw

| お出掛け | 18:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

でら名古屋城だがや

6月17日(金)~19日(日)まで、名古屋に滞在しておりました。

土日のクリエイターズマーケットに出展するためですが
準備もろもろの為に1日前乗り。

そして忘れちゃいけねぇ、観光だがや!


ずっと前から行きたかった名古屋城へ行ってみました。

おつき合いくださったyasuさま有り難うございました^◇^


DSCN5972.jpg


名古屋駅から地下鉄で10分ほど、市役所駅という駅で下車します。

なんとも素晴らしい門構え!


そこからてくてく歩く事数分…

(歩いてる途中の写真を撮るのを忘れましたw
名古屋城情報でも読んでお楽しみください。)


-名古屋城-

徳川家康が天下統一の最後の布石として築いた城。
姫路城、熊本城とともに日本三名城に数えられ、
大天守に上げられた金の鯱は、言わずと知れた名古屋のマスコットであります。


DSCN5976.jpg


「金鯱城」「金城」とも讃えられたこの城は
昭和20年5月に空襲に遭い、本丸が全焼してしまいます。

なので、現在の姿は復刻版。
世知辛い…(T T)

それでも充分美しいけれど!


DSCN5975.jpg


↑加藤清正が運んだ石。
しかし説明文を読むと清正が運んだというのはウソらしい(笑)


DSCN5978.jpg


天守閣の中は資料館になっているので、入ってみました。
(城公園の拝観料は大人500円です。)


DSCN5980.jpg


しゃちほこ実物大のレプリカが!
高さ約2.7m。

金鯱が乗っかってる城は別に名古屋城だけではないのですが

金鯱といえば、名古屋城!
と言われるほど、この地の鯱が愛されているのは

この親しみやすいお顔と、溌剌とした可愛らしさなんだと思います。

他の城のヤツはただの置物って感じなんだけど
名古屋産のヤツは、ペット(?)って感じ。



DSCN6027.jpg


売店で気になって買ってしまったもの。

なんと、戦国武将ペロティw

武将を舐めるという世にも奇妙でシュールなチョコ菓子です。
世も世なら打ち首ものじゃい。(笑)



DSCN5998.jpg


おまけ… 上の写真はなんと愛知県庁。
大天守が乗っかっておりますが…!? 和洋折衷?w

噂通り、名古屋人の方々は派手好きだがや!

| お出掛け | 11:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【墓巡り】尾形乾山ー善養寺ー

乾山の作品は、21世紀の今でも売り出したら
ヒット商品になっちゃいそうな、可愛さと普遍さをもっている。

一家にひとつ欲しい。

尾形乾山。

江戸時代の陶工、絵師。
言わずと知れた、尾形光琳の実弟であります。

派手好きで遊び人の光琳は、江戸の質素な生活が合わず
京都へ帰ってしまったのですが
それとは反対に弟の乾山は真面目で倹約家。
晩年は江戸に移り住み81歳で没しました。

光琳のお墓は京都にありますが、乾山のお墓は東京にあるのです。

場所は豊島区、西巣鴨。


DSC5896.jpg


なんとも和む界隈でございます。


こちらが乾山の眠る場所。

善養寺。


DSCN5897.jpg


何だか寺らしくない、オサレな門。


DSCN5898.jpg


ひっそりとして、素敵なお寺さん。
陽の光が優しい。


DSCN5900.jpg


さすが、琳派の大スター・尾形乾山のお墓。
記念碑も気合入っておりますぜ。


DSCN5902.jpg


DSCN5903.jpg


供花が新しい!

手入れもきちんとされて、大事に大事にされてるんだな~と
嬉しくなりました。

でも、兄弟離ればなれで寂しく思ったことはないのかしら…。ね。




善養寺

◇所 在 地 
〒170-0001
豊島区西巣鴨4丁目8番地25号
TEL 03-3915-0015 
◇交通  JR 線/大塚・王子駅下車 都電/西ケ原4丁目 徒歩5分


大きな地図で見る

| お出掛け | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【墓巡り】葛飾北斎ー誓教寺ー

偉大なる先人達に敬意と感謝を。

毎週、奇想天外(?)なアートツアーを企画・開催されている
アートテラー(アートを面白く紹介する日本唯一の職業)・とに~さんに
わたくし自ら持ち込み企画した、このツアー。

その名も
『絵師の墓参りツアー』

紆余曲折の末、無事に開催される運びとなりました。
やったね!

そんでもってこの間、巡って参りました。
偉大なる先人達への眠る場所へ。

今回はその第一弾。

私が最も敬愛するアーティスト『葛飾北斎』のお墓です。


DSCN5874.jpg


北斎のお墓がある場所。

台東区の閑静な住宅街のなかに、ひっそりと佇む『誓教寺 』であります。


DSCN5878.jpg


門をくぐって、すぐの所に北斎翁の胸像が。

このご尊顔の前に、わたしは只ただ、平伏すしかない…!


DSCN5875.jpg


中はもう完全に観光地って感じです。
おそらく、もう数えきれないほどの墓マイラーがこの地を訪れたのでしょう。

そして、更に中に進んでいくと…


どーん!


DSCN5886.jpg


ありましたー!!

神の眠る場所。


い、意外に、こじんまりとして地味なのねん(笑)


DSCN5882.jpg


神様と一緒にパチリ。

嗚呼…感無量!


DSCN5887.jpg


晩年の画号『画狂老人卍墓』と記されております。

あぁ…。すばらしい。地味だけど。地味だからこそ良い。
お寺さんの雰囲気も情緒があって癒されました。

墓参りは幽玄の美である。

本当に、此処に来れてよかった。
絵の事について躓いたら、まずこの場所に来ようと思います。




誓教寺

住所: 東京都 台東区 元浅草4-6-9
最寄駅: 新御徒町 稲荷町 田原町


大きな地図で見る

| お出掛け | 12:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

隅田川七福神めぐり (後編)

のこり4人の神様がいらっしゃる寺&神社は
ほぼ一列に並んでいるので、ここまで辿り着ければもうラクチンなのである。

あの竹久夢二も愛した名店『言問団子』もすぐそば。
時間に余裕があれば、食べ歩きをしながら楽しむのもオツ。

下町ばんざい。

SN3M0236_0001.jpg


長命寺
紅一点の弁財天さま。

もう日が暮れ始めたので、急ぎ足で次へ。


SN3M0238_0001.jpg


布袋尊さんがいらっしゃる弘福寺。

悠然となって私達を迎える三つ葉葵。
これって、徳川の葵紋ではないの…?

黄門様の印籠についてる、あの泣く子も黙る紋所よね?

SN3M0237_0001.jpg

徳川家と関係あるのかな?
どこを見てもそんな記述はないし…。
謎だ。

そして、布袋尊さんも中国出身ですって。
もういいわ!w



よし!次で最後だ!

最後の三囲神社でいっぺんに2人の神様ゲットで終了。
恵比寿さんと大黒さんという、いちばん重要な商いの神様だわよ!

SN3M0240_0001.jpg


最後の三囲神社に到着した頃にはすっかり日が落ち…。

ここまで来て店じまいされたらシャレにならん!
と猛ダッシュで駆け込む。

SN3M0239_0001.jpg

しかし、夜の神社は風情があるものだわ。

ちなみにこの神社には、
三越の玄関に鎮座していたあのライオンがいるのです。

さすが、商いの神様。


そんなこんなで、無事に全御朱印の補完完了。
15時スタートで始めた隅田川七福神めぐり、約2時間半かかりました。


そして!やりましたわ!

遂に完成した御朱印色紙がこちら!!


T_m.jpg


ほっほぉ~~

いざ自分の足でまわってコンプリートすると達成感があるなぁ。


1神様につき、500円。
最後は2神様セットで500円だから少し得した気分に(笑)

色紙200円+1御朱印500円×6=計3,200円。


高いか安いかは、あなた次第です。

| お出掛け | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

隅田川七福神めぐり (前編)

正月らしいことを何かしたいな~。

…と思っていた矢先
ひょんなことから『隅田川七福神』めぐりの存在を知る。

向島でちょうどイベントもしていることだし、こりゃーいいわ。
縁起もいいわ。

というわけで(?) 隅田川七福神めぐりをしてきました!


地図はこんな感じ↓(クリックで拡大します)

chizu15.jpg


ざっくり見積もって、2時間あれば廻れるだろう!とのことで
15時に東武・鐘ケ淵駅に集合してスタート。


1箇所めは『多聞寺』
SN3M0229_0001.jpg

またこちらも下町情緒あふれる界隈の中に点在しています。

混んでるかな~?と思ったけれど
思っていたより人がいなかった。よかったー

SN3M02280001.jpg

多聞寺にいらっしゃるのは、毘沙門天さん。

色紙を買い、それに御朱印をいただいてまた次の神様のところへ。



多聞寺から、次の白鬚神社までが、えらく長い。

墨堤通りを延々と歩く。

新しいものと古いものが入り混ざった、不思議な空間をくぐり抜けながら…


SN3M0235_0001.jpg


ようやく到着!

SN3M0234_0001.jpg

白鬚神社にいらっしゃるのは寿老神さん。

出身は中国とのことですが、なぜ神社に?

それ以前に、七福神って何ざんしょ?神道なの?仏教なの?
そんな事考えるのはナンセンス?

こちらも難なく御朱印ゲット。


次の向島百花園までは、目と鼻の先なのでらくちん。


SN3M0232_0001.jpg


百花園にいらっしゃるのは福禄寿さん。
この方も中国出身であるようだが、深くは考えないようにする。

SN3M0231_0002.jpg


百花園と言うだけあって、在るべきものは花。

しかし冬なので、他の植物は営業停止中である。

SN3M0233_0001.jpg


寺でも神社でもないので
お社は園内の隅っこに別に設置されていました。

もう、ここまでくると
無理矢理感が否めないけれども、深くは考えないようにする。


御朱印を書いている方は、僧でも神主でもない、百花園のスタッフ。

こちらも深くは考えないようにする。


うし!
ここまで来たら、もうゴールは近いぜよ!

(つづく)

| お出掛け | 12:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スカイツリー

SN3M0085.jpg


只今の高さ398メートル。

大きくなったねぇ (´;ω;`)

| お出掛け | 09:07 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

九段櫻

DSCN5289.jpg


ここの櫻はすごい。

やはり、此処で眠る方々の面子が秀抜かつ豪華極まりないからだろうか。
厭でも平伏してしまうよ。

うねるような力強い枝の流れの
こわいくらに凄艶な美しさ。

どうか、どうか これからも、日本をお護りください。


DSCN5294.jpg


DSCN5307.jpg

| お出掛け | 10:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お花見

DSCN5270.jpg

隅田川でお花見してきました~

お天気に恵まれ、花も見事満開!最高でした(*´Д`*)

当日の場所取りは不可能かとも思われたけど余裕でゲット。
隅田川沿いは意外に穴場なの?

楽しかった!また来年も楽しみにしています

DSCN5273.jpg


墨田区といえば、東京スカイツリー。

ただ今の高さ338メートルで日本一。
これでもまだ半分て…。

最初は、下町にタワーなんて建てないでw と思ったけれど
いざ目の当たりにしてみると完成が待ち遠しいです。

大林組がんばれっ

| お出掛け | 13:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

滝行

先日、専門時代の友達と

東京都の某山奥まで、滝に打たれに行ってきました。


DSCN_1091.jpg


へぇ 東京なんだ、ここ…

と何度も口走ってしまう位、のどかな場所でした。

青梅線の電車のドアが、手動ボタン式でビビりました。


しかし山は、水が透き通っていて美しい。
都心のヘドロとは大違いだぜ!

花粉なんてクソクラエよ。


一泊二日で、滝には夕方と翌朝 2回打たれます。

滝まで行くのに山登り30分。
またその道のりが断崖絶壁(?)の小径で超コエェ。

ふざけて足踏み外したら即死だがや…。


滝の近くで、ちゃんと白装束にお着替え。

神聖な場所なので ぐっと気が引き締まります。


DSCN_1096.jpg

↑ガチで滝に打たれる わたし


初心者なので、実際滝に入る時間は数秒なのですが

いやぁ~…これはスゴいね。

寒いってもんじゃなかったですね。


これに入る勇気があれば、今後何があっても大丈夫だ
と先生が仰ってました。

これから大変だし、精神鍛錬が必要なのよ。

善からぬ黒いものは全て流れ落ちた。(と思う)
また頑張れそうな気がする。


でも楽しかったすなぁ!良い経験になりました⊂二二二( ^ω^)二⊃

人生に疲れたら、また行こう。(笑)

| お出掛け | 15:28 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

市ケ谷台ツアー

DSCN1026_09.jpg

防衛省見学ツアーに行ってきました。

場所は、東京都市ヶ谷。

昭和20年までは、大日本帝国陸軍施設。

明治維新までは、尾張徳川家領地。

非常に歴史の深いお土地柄であります。

市ヶ谷という場所は、海抜34mで
東京23区で2番目に高い場所だそうです。

東京ドーム5つ分(ってどのくらい?)の広大なる領地。
まるで1つの街のようでした。

日本の軍事力の中枢が此処にあるんだなぁ

DSCN1035_109.jpg

↑庁舎B棟の通信鉄塔(220m)

すごく格好良かった。


↓こちらは、『市ヶ谷記念館』です。

DSCN1034_109.jpg

昭和12年に旧陸軍士官学校本部として建設され、戦後は米軍に接収。
平成12年に防衛庁が六本木地区から現在の新宿区市ヶ谷に移転。
その際、この建物も部分的に移築・復元された。 とのこと。

建物内に、
昭和45年11月25日 三島由紀夫が立て篭った
陸上自衛隊東部方面総監室があります。(現・旧陸軍大臣室)

DSCN1040_09.jpg

あの有名な、三島由紀夫事件であります。


↓実際の刀傷。

DSCN1037_09.jpg


ガイドのお姉さんに、

「こ、ここで切腹したんですか?!」

と聞いたら、

「ちょうど↓このあたりですよ~♪」とニコニコ。

DSCN1038_109.jpg


三島先生の亡霊が写るかも!!
…と思ったけれど

何も写らなかった。(昼だしね)



他にもここには書ききれないくらい、すごく勉強になりました。

平和とは何か。

戦争とは何か。

日本人であること。

誰しも、一人で生まれて一人で生きているわけではない。

日本の風土で育ち、日本に護られている。
その事を忘れてはいけないのです。

案内をしてくれた職員の方は、とっても愛国心があるお方だった。
この仕事にとても誇りをもっていると。
しかも、ここに来る前は不発弾処理の仕事をしていたらしい。

『公務員だから護るのではない。国民だから護るのだ。』

その言葉が、防衛省の方の口から聞けてよかった。


日本に生まれて、ヨカッタァー!!!



興味のある方は是非とも防衛省見学ツアーに行ってみましょう。

事前予約は必要だけれど、無料ですから!

職員の方はとても親切だし、
無料でここまで勉強できるのは得でっせぇ⊂二二二( ^ω^)二⊃




帰りは、当然のように(?)

歩きで靖国神社へ。

DSCN1047_09.jpg

色々問題にする人たちの気持ちは
分からなくもないが

私は、日本人だから行くのです。只、それだけ。


DSCN1051_09.jpg


日本にA級戦犯などいない。

| お出掛け | 00:14 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

林檎博

081130.jpg



11/30、椎名林檎10周年記念祭・林檎博 行ってきました。

さいたまスーパーアリーナ。
初めて行きましたが、広っっ!!
人多!!!

グッズ購入は30秒くらいで断念 orz
人の多い所だけは、どうしても駄目ね…。

今回の実演は、
突っ込みどころが多いライブでした。(良い意味で)
さすが10周年!三十路初ライブ。

あ、そうか…
あの林檎ちゃんは、もう30歳になってしまったのだ。

でも まだまだこれから。

あんな風に歳を取りたい。


(↓以下ネタバレ)


しょっぱなから意外な選曲!
出てきた瞬間、鹿のようなツノが生えていて「!?」となりました。
小林幸子かと思った。(?)
あのツノは… ないな。ーー;(スマン)
本番御覧になった方、どう思われましたか…。

グッズで着物を販売しているくらいだから
和装で演って下さるのを少し期待していたのにな。

まぁ可愛いから良いけどさ!


『浴室』のアレンジ・演出はとても萌えました!
彼女はどうして刃物があんなに似合うのだろう。

切り刻んだリンゴは、勿論あとでスタッフが美味しく頂きました。
…のよね?(笑)


斎藤ネコさん率いるオーケストラの音は重厚で素晴しかったです。

林檎さんの声の調子とても良かった~ (*'ρ'*)

単純な巧さだけで云えば
兄・純平さんの方が唄は上手なのですが

林檎さんの声は、耳に残るというかこびりつくというか
天上にも地上にも唯一つの『声』という感じがする。


黒猫屋の若旦那も大きくなって…!!
齢七つでしっかりし過ぎだろ!
激しく萌えました(´▽`*)

あの腹に着床し、臍の緒を経て養分を貰い、あの産道を通り
この世に産声を上げ、あの母乳で育った女神の子供。

今も順調に大切に育まれて居る。
今後の成長が楽しみだなぁ。彼も音楽家になるのだろうか。





そして夢見心地のまま、都内に移動
徹夜で現場(店装)仕事の手伝い。

やることは塗ったりエイジングしたりだけですけど。

やはり現場仕事が、世界一楽しいな!

デスクワークなんて退屈なんだYO!! (をい 笑)

| お出掛け | 17:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鳩ノ目

081128_143.jpg

081128_1434.jpg

向島 鳩の街商店街にある
手縫いの革小物をはじめとした手作りの作品、雑貨屋さん『鳩ノ目

マトリョーシカ可愛い♪


こちらで、私作のクリアファイルとレターセットを
置いて頂ける事になりました。

樋口さん、にゃわさん、どうもお世話になりました!


向島って、昭和な感じがそのまま残ってて
かなり萌え~(*´ρ`*)

正しい下町、正しい公園、正しい文房具屋、正しいアパート、正しい廃虚。
もう永遠にこのままでいて欲しい…。



お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください♪

工房 鳩ノ目
東京都墨田区向島5-50-3 鈴木荘1F
電話・FAX 03★6317★4714
hatonome(@)gmail.com
営業時間 11:00~18:00(月・火休)

| お出掛け | 20:33 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花屋敷in浅草

DSCN0945.jpg


ネット上でですが、もう長いこと仲良くしていただいてた
yasuさんと、初対面いたしました。
もう4年以上とかの付き合いになり、たくさんの言葉を交していたのに
今まで顔を知らなかったなんて不思議。
ネット社会のもどかしさよ。
でもようやく逢えた~。ヤフーイ!!

yasuさんは、とてもシッカリとした素晴しい女性でした~ (ホヤン)
フリーでバリバリと仕事をやられてて凄い!
憧れるっす。フリーランス…
お会いできて嬉しかったです!
また何卒よろしくお願いしまーす(≧∇≦)


さて、初浅草ということで (私は何度も来ていますが)
雷門、仲見世、浅草寺などテンプレ的な場所をまわり
日本最古の遊園地『花やしき』で遊び倒してきました。

この花やしき、遊園地とは思えぬ狭さとB級感、そしてアトラクションの老朽からくる恐怖(?)に 初めは「う~ん…」となるんですが
だんだん癖になってくるから不思議でございます。
話のネタにでも、一度は来た方がいいかも知れません。(ちなみに私は3度目… 笑)

でも見どころが沢山だぜ!

まずは…

DSCN0913.jpg

この野外ステージ。
どこか見覚えがありませぬか?
実はドラマ『トリック』で、山田奈緒子がマジックショーをやっていた舞台なのです。
トリックファンの聖地ですね~。
仲間由紀恵チャンの残り香を感じれるかも☆


そしてこのパンダ。

DSCN0918.jpg

ポップジャムで、椎名林檎女女史が乗られていたパンダなので御座居ます。
林檎さんの残り香を感じ…(ry


でもって、極めつけが

DSCN0939.jpg

謎の乗り物セーラームーン!!!

こ、これは凄いぞ…!!!!
動くのだろうか。(ダメ元でお金入れてみればヨカッタ)
しかも、このコスチュームデザインは初期・無印時代のもの。
ほとんど重要文化財レベルなんじゃ!? と思えてきたー!!
まさに20代ホイホイ!おそるべき花やしき。
テンションがMAX上がってしまいました。

…今のチビッコ達はセーラームーン知ってんのかな~
言っとくけどプリキュアはセラムンのパクリだかんね。(笑)



噂に聞いていたご当地ケロロ軍曹を、浅草仲見世で発見したので購入!

080922_21.jpg

可愛いでありますー☆
いま携帯につけてるであります。ゲーロゲロゲロ!
yasuさんとおソロなのです、ウフン☆

| お出掛け | 02:20 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

若若男女サマーツアー'08

080716_.jpg

ぽーにょぽにょぽにょ 不思議な子~♪


今年も若若男女サマーツアーの季節がやってきました。

16日、行ってきたでござる。
シュノーケル、チャットモンチー、Base Ball Bear
豪華3組で繰り広げられるライブイベント。

今年で2度目の参戦。
生チャットモンチーは3度目ですね。

相変わらず恰好良くて可愛くて、
小さい華奢な身体がステージでは何倍も大きく見えて
一生懸命で、とてもとても楽しそうでした。

きっと もの凄い努力してここまで来ているから、
私も頑張ろう!という気にさせてくれる。
チャットモンチーは、いつも私に元気をくれます。

特に私、ベースのあっこちゃんのファンなのですよ。
いや~、カッコイイですねぇ。
美人で粋!
確かにグラビア見てみたい。(←行った人しか判らんネタ)

福岡晃子のベースは神。

そして唄声もなかなか

むふふ。

| お出掛け | 02:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小田原城だよ

小田原は宿場町。

東海道最大の難所と言われる箱根越えに備え、
どんな強靭な武士であっても、必ず一泊はこの地に宿をとる。

そんな歴史もあってか、今でもとても賑やかでした。
意外に都会でビツクリ。


DSCN0869.jpg


小田原城の外堀に咲いていた紫陽花が凄く綺麗でした。

紫陽花ってこんな風に咲くの!?
と一驚するくらい、一面すべて紫陽花。

いい時期に見れたな~♪(*´∀`)


DSCN0881.jpg


天守閣キター!!

美しい…。
再建されたものだと判っていても、日本の城は美しいとです。

戦国時代、関東地方を手中に収めていた北条氏の居城。
上杉謙信、武田信玄の攻撃には勝っている。
でも秀吉様には こてんぱんにやられちゃうのね。
強いなぁ、秀吉様。

日本史は面白いです。
四方八方に散らばる無数の糸は、やがて1つに折り重なり、太い一本となる。
我々に先祖がいなければ、今こうして生きていないように
事柄は全て関わり合っているのです。
掘り下げれば掘り下げるほど、胸が熱くなるぜ。
もっと勉強したいな。


てか一番気になったのが

DSCN0879.jpg


敷地内に象がいました。

…なんで?

| お出掛け | 21:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

箱根だよ

箱根の山は天下の険。

箱根八里の半次郎~♪ と。やだねったらやだね (違)

東海道で一番の難所と名を馳せるこの地も、
平成の世では ただ温柔なる行楽地であります。


DSCN0844.jpg

ポーラ美術館

山の中にある、とても綺麗な美術館でした。
開催されていたのはシャガール展。

シャガールは 別に好きでも嫌いでもないんですが…
ふわっと そこにある彼だけの色彩が、
あぁ 愛だわね。
と感じたりして、少し、恥ずかしくなってたりしました。

しかし違和感の無い仕事がお上手ですね。(そりゃそうだ)
こんなディフォルメと配置、出来ない…。お洒落です。

でも ここにあるの全部が、本物ではないだろなぁ。
贋作作りやすそうだしね。て、こんな見方は駄目よね(笑)


それより何より、
ロープーウェーが、めっちゃ楽しかったっす!

DSCN0854.jpg

こんなハイテク技術を持っている、何という人類。
人がゴミのよう (ry


富士山が見えれば、言う事無しだったのだけどなぁ…。

見事なまでに靄に隠されてました。
シルエットすら無い。
今まで 芦ノ湖側から見えた試しがありません。
さすがカリスマ。
そんな簡単にその御姿を現してはくれないのですね。
ミッキーマウスと同じ。(? 違)

DSCN0861.jpg


でも箱根&芦ノ湖といえばエヴァンゲリオンでしょ!

ここらへんにラミエル襲来…!
と思ってた人、私の他にも沢山いた筈だ。出てこい!

| お出掛け | 01:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すごいチャットモンチー

DSCN0768.jpg

チャットモンチー すごい2日間! in日本武道館

イテキタヨー♪

すごい感動しました。。゚(゚´Д`゚)゚。
その名の通り、すごいチャットモの3人なのでした。

ステージで演奏し始めて、スクリーンにメンバーの皆の顔が映った瞬間
真面目に泪が出ました…。

女子3人だけで、ここまで出来るんか…。
初・武道館(ホールツアーすらやったことのない)でのプレッシャーも何のその。
まさに神憑ったかのような迫力がありました

メンバーみんな綺麗になったしなぁ ほんと。
あっこ色っぺーなぁ(笑)

どーでも良いですが 私は
チャットモンチー4人目のメンバーになる夢を見た事があります。
しかも二度も(爆)
…もちろん なれませんけどね☆ (当たり前だ)

音楽は良いな。
夢と希望と感動を有り難う…!!!!!

私も頑張るよ。


そいや、靖国神社で幕末維新展やってるそうだけど
久美子さんは間違い無く行くだろな。

DSCN0775.jpg

DSCN0764.jpg


桜が満開で、めっちゃ綺麗でした♪

| お出掛け | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夜の神田明神

2103_01.jpg

2107_01.jpg

初めて来ました~。
ライトアップされていて綺麗
新年10日以上も経つとさすがに誰もイネー (笑)
でもいない方が神妙な感じがして落ち着きます♪

おみくじを引いてみたら、微妙な『中吉』ですた。

1719_01.jpg


出会い… 良い人にめぐり会えるでしょう 

だって!!! 
うをーマヂかい!!頼むぜ布施さん!!!(笑)

| お出掛け | 17:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東京事変 live tour 2007 Spa & Treatment in東京

spa_.jpg


Zepp Tokyoにて参戦してきました♪
ライブハウスのオールスタンディングなので、どうなる事かと思いましたが
2番目仕切りの端っこの一番前で優雅に観ることができました~♪(*´∀`)
バッチリお顔も拝見できたし満足!!
命知らずな方々が、前方の真ん中の方へ押し入っていくのを見る度に心配してました。(笑)
だってあの中は想像以上に厳しい戦場なのでございます…。(←経験あり)
健康第一!優雅に楽しくね。

しかし林檎さんは相変わらず美しかったです
そ、そのおみ足に、さ、触りたい…。あぁ ←変態(笑)
演奏も素晴らしく癒されました。
何てったって Spa & Treatmentですからね。

新曲の『閃光少女』、とてもイイデスネ。
買いに行かなくてわ。

| お出掛け | 03:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

美ら海水族館

沖縄美ら海水族館(おきなわちゅらうみすいぞくかん)は、沖縄県国頭郡本部町字石川の海洋博公園内にある水族館。「チュらうみ」とは「清[きよ]ら(しい)海」の琉球弁であり、「美」ら海の文字をあてることもある。大水槽を泳ぐジンベエザメや、イルカショーが人気で、沖縄島の著名な観光地となっている。
水族館内には水量7500トンの世界最大級の大水槽『黒潮の海』を設置するほか、総展示槽数は77槽。沖縄の海をコンセプトに、イノー、珊瑚礁、黒潮の海、深海と様々な海の生物を紹介している。なかでも世界で初めて長期飼育に成功したジンベエザメやオニイトマキエイ(マンタ)が人気の展示となっており、ジンベイザメは美術館のキャラクターともなっている。2006年3月末の飼育数は750種28,000点。(Wikipediaより抜粋)



いやぁ、凄いっすねぇ。
此処 凄いですよ。

沖縄北部にあり、那覇からは車で2時間くらいかかるのにもかかわらず 満員御礼!
美しい…幻想的で癒されるぅ。
やはり自然のものがこの世で一番美しいですね。
作り物は駄目です。
この美しい地球を壊したくない! …そう心に強く願いました。

DSCN0429.jpg

DSCN0434.jpg

DSCN0457.jpg

DSCN0442.jpg

DSCN0455.jpg

| お出掛け | 01:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

万座毛

18世紀前半、この地を訪れた尚敬王が「万人を座するに足る」と言ったのがこの名前の由来といわれています。「毛」は「野原」のこと。
恩納村にあり、琉球石灰岩の断崖絶壁と天然芝の広場が景勝地を成し、また、植物群落は県指定の天然記念物に指定されています。(どっかからの抜粋)

恩納村と書いて、『おんなそん』と読みます。

空のBLUE。海のBLUE。青、蒼、碧!
どんな言葉でも言い表せない、鮮やかな空と海。
こんなに美しい景色を初めて観た。

どうして、こんなに水が透き通ってるのでしょ。
やはり神の島。

あまりにも絶景で、
一歩踏み出せば、軽くダイブできそうだったので
少しヒヤッとした。

DSCN0377.jpg

DSCN0386.jpg

DSCN0382.jpg

DSCN0390.jpg

| お出掛け | 02:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北谷

北谷と書いて、『ちゃたん』と読みます。

沖縄の地名は不思議。

北谷はすげー楽しい場所です!
アメリカンビレッジに色々なお店があって、お土産や自分の買い物にももって来いです。
観覧車もあるし。↓ 600円という微妙なお値段ですが…。

CN0341.jpg

A&Wというハンバーガー屋さん、本当に美味しくてハマりそうです。
でも沖縄にしかない…!!
イメージは、モスバーガーをちょっと南国バージョンにした感じ?(笑)
沖縄の空気の中で食べるから 更に美味しく感じるのかしら?


そこから徒歩5分のサンセットビーチで見た夕暮れ。
美しいグラーデーション…。
こんな美しいものが身近にある人達には、飾って鑑賞する絵画なんて必要ないですよね?

DSCN0346.jpg

DSCN0351.jpg

| お出掛け | 21:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

首里城

DSCN0327.jpg

首里城(しゅりじょう、スイグスク)は、沖縄県那覇市首里にあり、かつて海外貿易の拠点であった那覇港を見下ろす丘陵地にあった城。
琉球王朝の王城で、沖縄県内最大規模の城(グスク)であった。戦前は正殿などが国宝であったが、1945年の沖縄戦と戦後の琉球大学建設により完全に破壊され、わずかに城壁や建物の基礎などの一部が残っている。1980年代前半の琉球大学の西原町への移転にともない、本格的な復元は1980年代末から行われ、1992年に、正殿などが旧来の遺構を埋め戻す形で復元された。
首里城の創建年代は明らかではない。近年の発掘調査から最古の遺構は14世紀末のものと推定され、三山時代には中山の城として用いられていたことが確認されている。おそらく、13世紀末から14世紀のグスク造営期に他の沖縄の多くの城同様に成立したものと考えられる。(Wikipediaより抜粋)
公式HPはこちら


DSCN0330.jpg

守礼門
この近くに、猫ちゃんが2匹いた。


DSCN0319.jpg

那覇市内が見えます。いい眺めですぅ。


小高い山の上に、城壁に守られて今も厳かに佇んでいる世界遺産。首里城。

ここに王様が住んでいたんだなぁ。
一体、どんな暮らしだったのでさう。

琉球王国って『日本』とは別ですよね。全く別の国。

ちなみに何故 琉球王国が日本に属したのかというと、
明治維新の流れで、薩摩藩の侵略と廃藩置県(琉球処分)によって首里城が墜とされたからです。明治政府が派遣した大軍勢になす術もなく、1879年(明治12年)廃藩置県を宣言、約500年にもわたる琉球王国は終焉を迎えたのでした。
本当、無理矢理侵略したという印象しか持てませんよね。
『新時代の幕開け』という小綺麗な建前の裏に、どれ程の惨劇があったのかは想像を絶する気がします。
歴史をたどっていくと、どっちが悪者でどっちが善い者がわからなくなる。

そしてその約60年後、太平洋戦争の沖縄戦で首里城は焼失します。
過去3度火災に遭っているので、4度目の焼失になります。
木や花や虫、建造物、国宝なども一緒に失われ、
残ったお宝は殆ど米軍に横取りされるという悲劇…。
戦争って本当に全てを壊していくんだなぁ・゚・(ノД`)

暗くて悲しい過去を背負った首里城。
そんな惨劇が二度と起こらぬよう、広い空の下 穏やかに沖縄の平和を守っているようでした。

| お出掛け | 13:53 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

めんそーれ♪

沖縄から帰ってきました。
一気に現実に引き戻されて、鬱MAXでぇす☆ (爆)

テンションを元に戻すのが大変~ orz
すっかり癒されて、身も心も腰抜けだぜぇ。へっへっへ
沖縄に魅せられる人達の気持ちがわかった。

展覧会が今まさに近くに迫っているこの時、
恐れもせずに旅写真を載せていきたいと思いま~す。ぼほほほ



まずは沖縄そばのお店デス。

sobaya.jpg

那覇市の首里にあります。
古い民家をそのまま店にした感じの和み空間。

メッチャ美味しいさぁ~

soba.jpg

メニューにそばのことを、『すば』と表記してありました。方言?

右上の方に写っているお茶碗は、ジューシーという名前の炊き込みご飯。
何とも不思議な味がしたけれども美味!

沖縄そばって大好物なんどす。
あのスープと麺のサッパリ感が堪らん。何てったってラフティー(豚肉)ラブ。

好きすぎて、たまにカップラーメンでも食べます。
やはりラ王のカップ沖縄そばが一番いけますね。
最近は関東にも沖縄料理のお店が進出してますからね~。好きな時に食べにいけるぜ!!

でも、やっぱり本場で食べるのが一番さぁ~

| お出掛け | 04:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

若若男女サマーツアー'07 in 横浜

070820_1844_01.jpg

シュノーケル、チャットモンチー、Base Ball Bearの
3バンドによるジョイント・ツアー『若若男女サマーツアー』!

わーい!生チャットモンチー♪ 100%チャットモ目当てです。(笑)
(Base Ball Bearは1曲だけ知ってた。シュノーケルは全く知らん。すまん 爆)

と、そんなミーハーな私ですが やっぱり生の音は良いですね!
パワーが違いますね。
横浜BLIZはライブハウスですが、2階の座席指定だったので悠々自適でした。
それも真ん中あたりで観れたから良かった。
曲目も代表曲ばかりで贅沢満足。

今年はどーしても、生のチャットモンチーが観たかったので、ほんと感動しました~。
徳島出身の女子3人組バンド。これがまた恰好良いんです。

ボーカルのえっちゃん、思っていたよりもすごくミクロで吃驚しました。
なのにこの迫力は!?!?
何か乗り移ってるんですか?
見た目のキュートさと天然ボケとのギャップが凄い。これも『神の子』と称される所以。

ベースのあっこは、いやぁ、格好良かったですね~。生足が萌え…(笑)
バンドのセクシー担当ですなぁ。えっちゃんとは違う可愛さ。てか美人。

ドラムの久美子、好きです~。キャラが好きですぅ。和み系で落ち着く感じすなぁ。
叩く姿も恰好良かったすなぁ。
目が合った気がするけど気のせいかなぁ(笑)

…と、すっかり彼女達に元気をもらった次第であります。
こんな女の子達が増えてくれたら良いですな。
素敵ですチャットモンチー


しかし、音楽って自分らが輝いている姿を大勢の前で見せられるから良いですよね。
絵描きは9割がたひきこもりんこですよ。
カッチョイイ姿を見せられる事って、ほとんど皆無ではないか?
展示等のイベントでも、その場にいる作家ってオマケみたいなものですし。(主役は作品だから)
まったく、世の中 不公平だぜ!! (?)
生まれ変わったら、音楽家になりたいです。マヂで。

でも絵を描くの、楽しいすよ(^v^)b  ←今さらフォロー

| お出掛け | 02:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

執事喫茶でクラクラりん

shituji.jpg

一体どこで道を誤ったのでしょう?
迷い込んでしまいました。
身分違いの恋に身を堕としたいのかしら。嗚呼、私は貴族の娘。

…とまぁ、少し電波な前降りは置いといて。
秘密の花園に、とうとう足を踏み入れてしまいました。
池袋の乙女ロードを呼ばれる界隈にひっそりと佇む
知ると人ぞ知る、執事喫茶『Swallowtail』。

執事ですよ、執事。
メイドでもなくヒツジでもなく、執事。

行く前からそのシュールさが容易に想像できるのですが、
その花園に足を踏み入れた瞬間の衝撃は、想像を遥かに上回わっておりますた。

「お帰りなさいませ、お嬢様」

端正で上品な執事達から出る この魔法のことば。
友達と私、2人でクラクラ~
アキバのメイドのそれとはまるで違う。
早くも執事の虜となったのでした。合掌。

内装も趣向を凝らしており、豪華。
ティーカップやお皿や小物類にも、こだわり抜いております。
普通の喫茶店よりも料金が割高なのも納得。

執事達の 物腰柔らかな心づくしと、甘い眼差しに骨抜きになった80分でした。
まさに癒し空間☆

若いイケメン執事も良かったけれど、
やはり おじ様執事がダンディーで素敵

サイトはこちらです。
気になったお嬢様は、ぜひ足を運んでみてみてくださいね。
新しい世界が開けますよ
ただし要予約。これがまた曲者なんだな(=ω=;)

| お出掛け | 23:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

K.Cのカレー♪

京王線 千歳烏山駅近くにある、インド・ネパール料理のお店 K.Cでランチ♪
友達に連れて行ってもらいました。
やはり日本人はカレーですね。(え?)
ランチセットを注文~。カレー2種類、サラダ、ドリンクがついて950円です。
しかもライスとナンは食べ放題!太っ腹ですわぁ。

070623_11.jpg

…ナン、でかっ!!(笑)
左の方に写っている携帯電話と比べて、大きさをイメージしてください。
味もとても美味しかったですぅ。
ナン、意地でおかわりしてみました。けっこう苦しかったけど 幸せだわん。(^ω^*)))

そしてランチ後、下北沢デビューしてみました。
東京におのぼりして早や4年。ようやく下北上陸ですぉ。若者失格ですね。(笑)
印象といては、ゴチャゴチャしてて若者の街って感じ。でも原宿よりは居やすい。
此処の住民は特に夢を持っているフリーター率が高い、と私の勝手なイメージですが、そんな風に思ってました。
実際はどうか知りませんが、確かにこの場所は『夢を魅せてくれる』ような、そんな存在価値があるように感じます。
アットホームで刺激的?とでもいいますか。
そういう場所に 惹かれて集まってくるの、わかります。
誰だって、夢を諦めたくないよねん。
そんな気持ちにさせてくれる街でした。
着物の古着屋もあるみたいだし、また行ってみようかな。
そしてやっぱりヴィレッジバンガード。広くて品揃え濃くて感動!ヴィレバン大好き。

というわけで、今日はぶらり京王線沿いの巻でした。
ナンのおかげで、夕食の時間になってもお腹が空かない…。(笑)

| お出掛け | 18:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東京庭園美術館

DSCN0227.jpg
美術館の外観。展覧会の記事にも書いたように、旧朝香宮(あさかのみや)邸のお屋敷です。入り口には対の狛犬がいて、私達を迎えてくれました。
こんな所に住みたいぜっ

そして、外には大変 趣がある日本庭園がありました♪
東京にも、こんな場所があったのか。
心癒されました…。
デジカメを持って行って良かったにゃん。

DSCN0234.jpg

DSCN0233.jpg

DSCN0231.jpg

DSCN0239.jpg

| お出掛け | 02:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |