| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

エデンの乳房

『エデンの乳房』 中島みゆき


私たちが寄ってたかって この星のことを
宝島ではないと哄笑(わら)っているのに
私たちが寄ってたかって この星のことを
エデンではないと哄笑っているのに
与えることしか知らない この星は
五十億の餓鬼に乳房を与え
ラストオーダーを切り出しかねている
ここが無限の宝島だったなら
私たちは奪い合う筈がないのに
ここが馨しきエデンだったなら
私たちは寂しみ合う筈がないのに

    ■

やせた星よ
祝福されし児等と
巫女たちの唇は動き続けても
幸福のための【正しい】略奪は続き
幸福の数だけ不幸は対在する
その理由(わけ)を
問おうにも やせた星よ
己れの全てを与えるくせに
ただ一つ
己れを守る者だけを持たない
その生は未だ幼く
その生は永劫ならず
私たちは明日をも知れぬ

    ■

垂乳根(たらちね)の星よ
火の衣を失い 水の衣を失う日に
五十億の赤児たちは 愛情の糸を織りなし
最後の衣を着せかけうるだろうか
赤児たちは幾たびも幾たびも
悲しみと同じ産声をあげながら
この エデンならぬ星に生まれ
おぼつかない糸を今日も紡ぐ
私たちは幾たびも幾たびも
この エデンならぬ星に生まれ
おぼつかない糸を今日も紡ぐ





この詩は、1987年朝日新聞に載せられたものであるという。

メロディーはついていない。


私は『片想い』という彼女の著書でこの詩に出会い
とんでもない衝撃を覚えてしまった。

“地震前”のことである。


そして、“地震後”になった。
またこの詩を読んでみた。

言葉の全てがリアルに、かなりの近距離に迫ってきた。
恐怖すら感じるくらいに。


調べると、この詩は 高校の教科書にも載ったことがあるらしい。
もし自分が高校生の頃にこの詩を読んだのならば
どんな感想を持っただろうか。


この詩が発表された頃。
日本はパーパーでポーポーなバブルの全盛期。

そんな時に、最後の女神の目線はどこに向いていたのだろう。


あなたは、いまこの詩を読んで どんな気持ちになりましたか?

少しでも多くの方にこの詩に出会ってほしくて
載せさせていただきました。


スポンサーサイト

| miss.M | 21:26 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

時代

『時代』中島みゆき

今はこんなに悲しくて
涙もかれ果てて
もう二度と笑顔には
なれそうもないけど

そんな時代もあったねと
いつか話せる日が来るわ
あんな時代もあったねと
きっと笑って話せるわ
だから今日はくよくよしないで
今日の風に吹かれましょう

まわるまわるよ 時代はまわる
喜び悲しみ繰り返し
今日は別れた恋人たちも
生まれ変わって めぐりあうよ

旅を続ける人々は
いつか故郷に出会う日を
たとえ今夜は倒れても
きっと信じてドアを出る
たとえ今日は果てしもなく
冷たい雨が降っていても

めぐるめぐるよ 時代はめぐる
別れと出会いを繰り返し
今日は倒れた旅人たちも
生まれ変わって歩き出すよ





スタンダード過ぎるし、有名過ぎる名曲ですが
結局のところ、この歌に全てが凝縮されている気がいたします。

ついこの間のコンサートで『時代』を聴く事ができた私は果報者。
忘れる事ができない、彼女の言ったMC。

「私から皆様に拍手を送らせてください」
静寂の中 みゆき様からの拍手が鳴り響いたあと、(これだけでも充分尊い…泣)

「私たちは生モノですから
 明日、どうなるのかなんて誰にもわかりません。
 なので今日ひととき、お会いできて、嬉しゅうございました。」

まさか、この言葉通りになるなんて
あの時会場にいた誰が想像できただろうか。

最後の女神様はゆるぎない。

どれだけの日本人が、この曲に励まされ、力を貰ったことだろう。

そんな時代もあったねと、いつか話せる日が来ますように。
あんな時代もあったねと、笑って話せる日が来ますように。


| miss.M | 20:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

二隻の舟

『二隻の舟』中島みゆき


時は 全てを連れてゆくものらしい
なのに どうして 寂しさを置き忘れてゆくの
いくつになれば 人懐かしさを
うまく捨てられるようになるの

難しいこと望んじゃいない
有り得ないこと望んじゃいない

時よ最後に残してくれるなら
寂しさの分だけ 愚かさをください

おまえとわたしは たとえば二隻の舟
暗い海を渡ってゆく ひとつひとつの舟
互いの姿は波に隔てられても
同じ歌を歌いながらゆく 二隻の舟

時流を泳ぐ海鳥たちは
むごい摂理をささやくばかり
いつかちぎれる絆見たさに
高く高く高く

敢えなくわたしが波に砕ける日には
どこかでおまえの舟がかすかにきしむだろう
それだけのことで わたしは海をゆけるよ
たとえ舫い綱は切れて 嵐に飲まれても
きこえてくるよ どんな時も
 
お前の悲鳴が胸にきこえてくるよ
超えてゆけと叫ぶ声が ゆく手を照らすよ

ーー

風は強く波は高く 闇は深く星も見えない
風は強く波は高く 暗い海は果てるともなく
風の中で波の中で たかが愛は木の葉のように






この歌もコンサートで聴いて、震えました。
『二隻の舟』は夜会のテーマソングであり、
コンサートでフルバージョンを歌われたのは初めての事だそうです。

舟が、“二隻”というところがポイント。
“一隻”の舟にふたりで乗ってるのではなく、
ひとり“一隻”ずつの舟に乗っているから、『二隻の舟』なのです。

自分の舟を漕ぐのは自分ひとり。
けれど、一緒の時間に おんなじ海を渡っているんだよ、という歌なのです。


わたしたちは二隻の舟 ひとつずつのそしてひとつの

| miss.M | 16:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

海よ

『海よ』 中島みゆき


海よ おまえが 泣いてる夜は
海よ 故郷の 歌を歌おう
海よ おまえが 呼んでる夜は
遠い 船乗りの 歌を歌おう

時は いま いかりをあげて
青い馬に 揺れるように
心の荷物たちを
捨てにゆこうね

海よ わたしが 泣いてる夜は
遠い 故郷へ 舟を運べよ

海よ おまえは 覚えているか
若い 舟乗りの 夢の行方を
海よ おまえは 覚えているか
そして 帰らない 小舟の数を

この歌は 舟乗りの歌
若い 舟乗りの歌
故郷の島を離れ
今日も さまよう






自然の猛威をふるう前までの海は
やさしく風が凪いで、果てしない地平線と共に
そこへ住む人々へ恵みをもたらし、癒しをもたらし、
悲しい時も嬉しい時もずっと一緒の変わらない風景の1つだった、と思う。

わたしは、海沿いで暮らした事は無いけれど。
たま~にしか見れないけれど。
海は好き。
いくら見ていても飽きないものだよね、海は。

今日、そしてこれからもずっと、
優しい潮風を届けてくれますように…。



海よ わたしを愛するならば
今宵 故郷へ 舟を運べよ

| miss.M | 11:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

顔のない街の中で

『顔のない街の中で』中島みゆき


見知らぬ人の笑顔も 見知らぬ人の暮らしも
失われても泣かないだろう 見知らぬ人のことならば
ままにならない日々の怒りを 物に当たる幼な児のように
物も人も同じに扱ってしまう 見知らぬ人のことならば
ならば見知れ 見知らぬ人の命を
思い知るまで見知れ
顔のない街の中で
顔のない国の中で
顔のない世界の中で






この歌は、この間コンサートで聴いたんです。
生で聴くと「直にお説教をくらってるみたい」な迫力。
隣の席のご婦人がこの歌で号泣していたのが、印象的でした。

ほんと、身につまされる歌詞。
『物も人も同じに扱ってしまう 見知らぬ人のことならば』
の部分なんて、初めて聴いたときドッキリした。
ぐっさり入った。


どうしてみゆきさんのような、時代の寵児となって巨万の富を築いた方が
こんなに“普通の人のこと”がわかるのでしょうか。
人だけじゃない。動物や、植物や、空や海の気持ちまでも
判ってるんじゃないかなぁと思う時がある。

どこまでも優しくて、どこまでも強い。
感謝。

| miss.M | 08:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

泣きたい夜に

『泣きたい夜に』中島みゆき

泣きたい夜に一人でいるとなおさらに泣けてくる
泣きたい夜に一人はいけない誰かのそばにおいで
一人で泣くとなんだか自分だけいけなく見えすぎる
冗談じゃないわ世の中誰も皆同じくらい悪い

まるで暗い流れを渡るひな魚のように
泣きたい夜に一人はいけない あたしのそばにおいで

涙だけは大きなタオルでもあれば乾くだろう
けれど心の傷口は自分では縫えない
子供の頃に好きだった歌の名前を言ってごらん
腕の中できかせてあげよう心が眠るまで








この歌のように、包んでくれる何かが必要です。
みゆきさん、また載せさせてください。

許してね。


泣きたい夜に一人はいけない あたしの胸においで


| miss.M | 15:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ララバイSINGER

『ララバイSINGER』中島みゆき

右の翼は夜 忘れさせる夜 つらさ悲しさを忘れさせる翼
左翼は海 思い出させる海 忘れたくなかった人を映す海

逃げなさい心よ 怖れの国から 闇色翼に抱き守れながら
逃げなさい心よ 憂いの国から 時も届かない夢へ逃げなさい

歌ってもらえるあてがなければ 人は自ら歌びとになる
どんなにひどい雨の中でも 自分の声は聞こえるからね

ララバイ ララバイ 眠れ心 ララバイ ララバイ すぐ明日になる







もう、みゆきさんしか、居ない気がしてきました…。
声に、言葉に、本当の力と魂が入っているのは。
ファンの色眼鏡なんぞじゃないよ。(いや、でも少しは入ってるか?笑)

被災地の皆様に、この歌声を届けたい。

ララバイ ララバイ 眠れ心 ララバイ ララバイ すぐ明日になる


| miss.M | 17:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

声に出して読みたいみゆき

2月23日は、中島みゆき様のお誕生日です。

昨年度コンサートに行ってからというものの、すっかり
“ただのファン”から“かなりのファン”へと変貌いたしました(^0^)/
夜会のDVDだって買い揃えちゃったもんね!
みゆきさんお誕生日おめでとうございます!
(オールナイトニッポンを聴いていたような往年のファンの皆様には敵いませんが…すんません)

みゆきの歌は、哲学の書でございます。

その人の人生を変えてしまうであろう格言の数々が、
楽曲の隅々に散らばっている。

そこで私がみぞおちにボディーブローを喰らっちまった
詞をいくつかご紹介しようと思います!十編選んでみました。
初めは痛いけれど、じわりじわり五臓六腑に染みわたる。




*謝れば 理由が付けば 何が消せると言うのでしょうか 『今日以来』


*一人で泣くとなんだか自分だけいけなく見えすぎる
 冗談じゃないわ世の中誰も皆同じくらい悪い 『泣きたい夜に』


*あぁ 失えば あぁ その分の
 何か恵みがあるのかと つい思う期待のあさましさ 『負けんもんね』


*傷ついてもつまずいても過ぎ去れば物語
 人は誰も過ぎた日々に弁護士をつけたがる 『ノスタルジア』


*終わった恋なら なかったようなもの
 止め金のとれた ブローチひとつ 捨てるしかない 『横恋慕』


*人は多くなるほど 物に見えてくる
 ころんだ人をよけて 交差点(スクランブル)を渡る 『帰省』


*どこから来たかと訊くのは 年老いた者たち
 どこにも残らぬ島なら 名前は言えない 『吹雪』


*正しい人こそいないんじゃないか
 カンペキ正しいってどういう人だ 『Nobody is right』


*地上に悲しみが 尽きる日はなくても
 地上に憎しみが 尽きる日はなくても
 それにまさる笑顔がひとつ多くあればいい 『泣かないでアマテラス』


*生きて泳げ 涙は後ろへ流せ 『サーモン・ダンス』




如何ですか。沁みますか。
すんなり聴き流そうとしても聴き流せなかったフレーズの数々です。

神様が地上へ与え給うた人類の至宝であり
現代を生きる神女(みこ)、、中島みゆき。

興味をそそられた方は是非聴いてみてください。
この機会にぜひ。
世代じゃないとなかなか聴かないものだしね。

「暗い」なんて言ってるヤツは古いのだ!

みゆきの歌が、私にそうしてくれたように
あなたの明日を照らしてくれますように。

| miss.M | 21:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鷹の歌

ブログを放置していました^^;
すみません。

さて、中島みゆき様のコンサートに行ってから
すっかり取り憑かれた(?) わたしは、
速攻TSUTAYAに走り、彼女の今までの未聴アルバムをすべて借り(38枚)
毎日 狂ったように聴いていた。ら
なんと、母と弟までもハマり始めた。(笑)

みゆき様の作るメロディーは頭から離れないからな~。
いいことだ、いいことだ。ふっふ

彼女の唄で救われる人が、少しでも増えてくれればいい。

『時代』『誕生』『ファイト!』のトリプルパンチさえあれば
自殺防げるんじゃないか?と真面目に思っている。

ーー

ずっと心に突き刺さって抜けない一節がある。

これからの座右の銘になりそうな一節。


『私は自分を恥じる あなたを思って恥じる』

『ラクな道へ流れくだる 自分の安さを恥じる』



今年の十月に発表されたニューアルバム『真夜中の動物園』
に収録されている『鷹の歌』の一節。


みゆき様にそんなこと言われてしまったら、どーしたらいいの~!?

穴があったら入りたい気分になったのです。

…ラクな道へ流れくだる、自分の安さ。。

グサっ あああ…。

ボディーブローくらった気分になっていたら、頭の奥から

『いっそ水の流れに身をまかせ 流れ落ちてしまえばラクなのにねぇ~』

という声が聴こえてくる… (↑ファイト!の歌詞です)

あああ…。

生きててすみません!!!

おかげで目が醒めたのです。妥協だなんて愚の骨頂なのだわ。

頑張らないヤツに、明日はこない。
強く… なりたい。







【本日の能動的三十分間】

(日記内容と関係はなし)


33_1221.jpg

| miss.M | 00:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

正しさは道具じゃない

某知事のお陰で、本日はこの唄が沁みましたよ。

中島みゆき
『Nobody is Right』




コンサートで、みゆき様が朗読つきで歌ってくれた。
泣いた。

興味のある方は、『I Love You,答えてくれ
というアルバムに入ってるので聴いてみてください。これは名盤です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

悪い人などいないだなんて あいにくですが頷けません
正しい人こそいないんじゃないか カンペキ正しいってどういう人だ
争う人は正しさを説く  正しさゆえの争いを説く
その正しさは気分がいいか
正しさの勝利が気分いいんじゃないのか

つらいだろうね その一日は
嫌いな人しか  出会えない
寒いだろうね  その一生は
軽蔑だけしか  いだけない

正しさと正しさとが 相容れないのはいったい何故なんだ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↑これは2番。深い。
正しさの勝利が気分いいんじゃないのか に激しく同意。
弱者が騒いだところで、権力に太刀打ちできない。

竹槍で、B-29は墜とせない。

コンサートでは、“争い”を“戦争”とかえて歌っていました。


自分の意見を持っている人は
各々、自分が正しいと思っている。

すべてが丸く収まることなど浮き世には有り得ない。
ひとつの事柄に良い事も悪い事も含まれている。
戦争だって、起きれば良い事もある。
文明が発展する。
今までの歴史の中で、時代の節目節目に戦が絶えなかったのはそのためだ。
日清・日露戦争で旧日本軍が讃えるべき戦果を上げなければ
インドやフィリピンをはじめアジアの国々は、まだ欧州の植民地だったであろう。

誰かが勝てば、誰かが負ける。

すべてに裏と表がある。



…だがしかし、

好きなものが規制の対象になるのは大変哀しいよ。
わたしは哀しい。




【本日の能動的三十分間】

1210910.jpg

| miss.M | 01:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中島みゆき TOUR2010

11月23日。新嘗祭。

わたしは“女神”を目撃した。


top_photo.jpg



みゆき様のコンサートに行ってから もう2週間くらい経つのに
まだ余韻に浸っています。

こんなことは、非常に稀なこと。
たいてい、鑑賞を終えたその日のうちは残っているけれど
寝て起きたら通常通りになるものの方が多かったりする。

なのに今のわたしってば!
寝ても醒めてもみゆき様の事を考えちゃっている。(きゃー 言ってしまったわ。)


生の、中島みゆきは凄い。

身体に、心に、ぶつかってくる言霊、のちから。

言葉の魔術師・中島みゆき。
声と音楽に乗せて、生きとし生けるもの全てに対して
彼女は唄う、歌う、詠う、唱う、謡う。

魂から叫ぶ生命讃歌。

彼女の耳には
人は勿論のこと、動物、虫、空、海、風…そんなものの声が、
聴こえているんだと思う。気持ちがわかる、とでもいうのかな。

そうでなければ、あんな詞は書けないよ。

シンプルな言葉の奥に、さりげなく真理を説き、私達に優しく投げかける。
そこに流れる宗教観。みゆき様のうたは、紛れも無く哲学の書である。


たとえば、超有名曲『時代』が説く真理。

「まわるまわるよ 時代はまわる
喜び悲しみ繰り返し
今日は別れた恋人たちも
生まれ変わって めぐりあうよ」

…こんな、ぺろっと諸行無常と輪廻転生についてうたった詞を、
当時20歳弱の娘さんが書いていたというおそろしさ。
どうやって悟りを開いたのだろう?

みゆき様の曲は、作詞作曲すべて、彼女の手によるものなのです。
なのにもかかわらず、デビューから片時も休む事も無く
年に1枚のペースでアルバムを発表する勤勉さ。
現段階でリリースされているオリジナルアルバムは37作にも及ぶ。
ラジオDJに、楽曲制作に、コンサートに、夜会に。。
デビューから35年間 毎日目の廻る忙しさだったに違いない。
テレビ出演を厭っていた理由がよくわかる。

今までさりげなく中島みゆきを聴いていた方、
真面目に彼女の“言葉”と向き合ってみましょう!
目から鱗が100枚くらい飛び出すかもしれない。



みゆき様に宇宙が見える。宇宙まで行っている。

これは横尾忠則氏が言っていた『天才論』に繋がった。
前にブログでも少し触れたと思うけれど…

横尾氏いわく、
「天才は、メディアの一種である。
世の中の表現の中には、自己表現と他己表現があって、
他とは宇宙のことであるが、天才は宇宙と繋がって
ものを創ることができるのだ」

つまり要約すれば、『天才とは神の声を聴ける人間のこと』となる。

ボンクラには理解しがたい話かもしれないけれど
“天才”と言われている人には、霊感も備わっているそうです。
マイケル・ジャクソンも、実はそういう力があったと言われています。
(どうせ信じてもらえないから本人は公表しなかったみたい)


中島みゆきは、神女だ。

トンでもない発見を、わたしはしてしまったよ! (いまさら!)

男と、女と、戦士と、聖母と、幼女と、老婆と、悪魔と、天使が
同じ身体に棲んでいる。


「中島みゆきが好きだ」と云えば「暗い」といわれ
カラオケで歌えばドン引きされる。

…にもかかわらず、70年代80年代90年代2000年代と
4世代にわたりチャート1位を獲得した、たった1人のアーティスト。



拝啓

中島みゆき様

好きです。
ずっとずっと、美しく気高く元気でいてください。

来月もコンサート行きます。

ほんとうの、“最後の”女神様。

I love you 答えてくれ!

miyukisama12.jpg

| miss.M | 14:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |